お問い合わせ

単品通販(D2C)の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報を発信しています。

おすすめ記事

単品通販(D2C)とは? 総合通販との違いから新規・定期(サブスク)顧客の獲得方法まで

2021年11月05日
単品通販とは?総合通販との違いから新規・定期顧客の獲得方法まで

ネット通販でモノを買うことが当たり前の時代になり、通販(D2C)サイトを活用した通販(D2C)事業は、企業にとっても有効な販路として欠かせない存在となりました。
しかし、参入する企業は多く、商品も販売価格も比較されやすいネットにおいて、通販(D2C)事業で利益を出すことは簡単ではありません。伸び悩んでいる企業も多くあります。
そこで近年、新たな通信販売の手法として注目され始めた手法が「単品通販(D2C)」です。従来の通信販売とは大きく異なった戦略で、高利益率が期待できると言われています。今回は、そんな単品通販(D2C)の特徴から、顧客獲得に必要な施策について詳しくご紹介します。

最新記事

クロスSWOT分析とは?マーケティング戦略での活用方法

2021年11月19日
クロスSWOT分析とは?マーケティング戦略での活用方法

クロスSWOT分析は、自社のマーケティング戦略を具体的に定める有効なツールです。多様な視点から戦略を考えることで、今後のビジネス展開において自社が優位な状況にあるのか、不利な状況にあるのかを把握できます。また、クロスSWOT分析をより確かなものとするために、3C分析や5フォース分析、VRIO分析の手法についても知っておきましょう。複数の分析方法を組み合わせればマーケティング戦略の具体性が高まり、企業の利益を増やしやすくなります。

定期(サブスク)継続率を上げる7つの方法【リピート購入でLTVを高める】

2021年11月12日

単品通販(D2C)において、顧客が定期購入(サブスク)を行えば行うだけ、売上向上や継続的なビジネスの発展につながります。

そこで重要なのは定期(サブスク)継続率。

もし仮に定期購入(サブスク)者が多くても、定期(サブスク)継続率が低ければ、常に新規顧客を獲得しなければならず安定した収益を得ることができません。

定期(サブスク)継続率を上げるには、顧客満足度を高めながら顧客との良好な関係を築くのが大切です。

この記事では定期(サブスク)継続率を上げる7つの具体的な方法を中心に、定期(サブスク)継続率を上げるためのポイントをお伝えします。

【2021年】最新のCRM市場規模・業界別動向と人気システム4選

2021年11月10日
2020年最新のCRM市場規模・業界別動向と人気システム4選

CRM(顧客管理システム)の導入を検討中の企業では、最新の動向をチェックしたいという方も多いでしょう。利便性が高く、業務効率向上や売り上げ拡大に繋がるシステムであれば、多くの企業で導入も進み、受け入れられやすくなります。

今回の記事は、2021年最新のCRM市場規模や今後の動向・見込みについて解説したのち、CRMを導入した企業の事例や、人気のCRMシステムを4つ紹介します。CRMシステムの導入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

単品通販(D2C)とは? 総合通販との違いから新規・定期(サブスク)顧客の獲得方法まで

2021年11月05日
単品通販とは?総合通販との違いから新規・定期顧客の獲得方法まで

ネット通販でモノを買うことが当たり前の時代になり、通販(D2C)サイトを活用した通販(D2C)事業は、企業にとっても有効な販路として欠かせない存在となりました。
しかし、参入する企業は多く、商品も販売価格も比較されやすいネットにおいて、通販(D2C)事業で利益を出すことは簡単ではありません。伸び悩んでいる企業も多くあります。
そこで近年、新たな通信販売の手法として注目され始めた手法が「単品通販(D2C)」です。従来の通信販売とは大きく異なった戦略で、高利益率が期待できると言われています。今回は、そんな単品通販(D2C)の特徴から、顧客獲得に必要な施策について詳しくご紹介します。

定期(サブスク)を解約する3つの理由と辞めさせないための6つの施策

2021年10月15日

定期購入(サブスク)利用者に継続を続けてもらい、LTVを圧倒的にアップさせるには、解約率を下げる必要があります。

そのためには利用者が定期購入(サブスク)を解約する理由を丁寧につぶし、解約しない方向に持っていくことが大切です。

ここでは100億円企業も実施している、定期購入(サブスク)契約を継続させるための施策について紹介します。

見込客とは?単品通販(D2C)における効率的な顧客の集客方法

2021年10月13日

見込客とは、自社商品やサービスを購入する見込みのある顧客のことです。

見込客を効率的に取り込み、優良顧客に育成することで売上が安定しますが、闇雲に広告を配信し集客をするだけでは見込客を獲得することができません。

この記事では単品通販(D2C)における見込客の集客方法やテクニックについて紹介します。

ランディングページのファーストビューを最適化する4つの鉄則【コンバージョン率を上げる】

2021年09月22日

ランディングページをクリックしても、約90%のユーザーが10秒以内に離脱され、8秒以内にその後も読み進めるか否かを決めるといわれています。

つまりユーザーはランディングページのファーストビューによって、商品の印象を一瞬で判断しているのです。

コンバージョン率を上げるランディングページを作るには、まずファーストビューを効果的なレイアウトに設計する必要があります。

この記事ではランディングページにおけるファーストビューの4つの鉄則を中心に、ファーストビューの重要性や注意点をお伝えします。

薬機法とは?今更聞けない基本や表記法のOK・NGポイントを解説

2021年09月21日

扱っている商品の魅力を顧客に伝えたいとき、気をつけたいのが薬機法・景表法などの関係法令です。関係法令に違反した場合の罰則は、改正するたびに重たいものになっており、罰則が及ぶ範囲も広くなっています。

とくに近年厳罰化が進んでいるのが、「過剰な表現を用いたことにより消費者に誤解が生じ、健康被害が及ぶ可能性がある広告表現について」です。

通販(D2C)に関わるなら、知っておかなければならない薬機法の基本を解説します。

引上率とは単品通販(D2C)で重要な指標!考え方とアップさせるためのノウハウを紹介

2021年09月16日

引上率は、通販(D2C)ビジネスで重要な指標です。

とくにツーステップマーケティングを行っている単品通販(D2C)では、引上率をあげることが売上アップにつながります。「よくわからない」では済まない指標なのです。

ここでは、引上率とは要するに何を示しているのかや引上率の計算方法、引上率をアップさせるための施策について紹介します。

ロイヤルカスタマー(優良客)育成方法!企業・商品の熱狂的なファンを作り売上を安定させる

2021年09月08日

ロイヤルカスタマーとは、特定の企業やブランド・商品を熱狂的に支持する優良客を示す言葉です。 単なる優良顧客とは違い、進んで商品のアンバサダーとなり離れないことが特徴です。 商品やサービスの売上をアップし安定させるには、既存顧客をロイヤルカスタマーとして育成する必要があります。 今回は、具体的なロイヤルカスタマーの育成に繋がる施策についてご紹介します。

  1. 1
  2. 2
  3. 3