お問い合わせ

単品通販(D2C)の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報を発信しています。

見込客とは?単品通販(D2C)における効率的な顧客の集客方法

2021年10月13日

見込客とは、自社商品やサービスを購入する見込みのある顧客のことです。

見込客を効率的に取り込み、優良顧客に育成することで売上が安定しますが、闇雲に広告を配信し集客をするだけでは見込客を獲得することができません。

この記事では単品通販(D2C)における見込客の集客方法やテクニックについて紹介します。

クリエイティブを【A/Bテスト】で最適化をする5つのステップ

2021年09月02日

ネット広告で費用対効果(ROAS)の高いクリエイティブを作成するためには、【A/Bテスト】を行いクリエイティブ最適化®させることが大切です。

適切な【A/Bテスト】を行うことで、レスポンス率を約6倍も高められたという事例も。

しかし、ただ【A/Bテスト】を行なうだけでは逆効果の恐れがあります。今回紹介するのは、【A/Bテスト】を活用しながら統計学的に、効果の高いクリエイティブを制作する方法です。

この記事では、クリエイティブを最適化させる【A/Bテスト】の方法を5ステップに分けて紹介します。

CTAボタンとは?クリック率を上げてコンバージョン率アップ

2021年08月26日

ランディングページに必ず設置されているCTAボタン(申込ボタン)。一見コンバージョン率にはあまり関係がなさそうですが、実は配置や色、文言を変えるだけでコンバージョン率の改善が期待できます。

実際に別の文言に変えただけで、2倍もコンバージョン率を高められた事例も。世界規模の調査からCTAボタンに適している色も特定されており、コンバージョン率を高めるCTAボタンには特定のセオリーがあるのです。

この記事ではよりクリック率を高められるCTAボタンの特徴4点を中心に、ランディングページの効果を最大化するCTAボタンについて解説します。

正しい【A/Bテスト】のやり方とは?基本的なやり方を押さえて効率的に分析

2020年09月08日

この記事では、【A/Bテスト】について、基本的な方法と効果的な分析についてお伝えします。
Webマーケティングで【A/Bテスト】はよく実施されますが、正しい順序・方法で実施しないと意味をなさないものになります。
「適当にあれとこれを実施したら上がった」というものではなく、きちんと仮説立てから検証まで正しく行わないと、効果は発揮されません。
ぜひ、この記事で正しい方法を学んでみてください。

ランディングページ最適化(LPO)とは?基本を学んでコンバージョンを増やす

2020年08月27日

この記事ではランディングページ最適化(LPO)について、その基本を解説します。

コンバージョンを増やすためにランディングページの改善は必要不可欠です。

今回はLPOの基本的な知識から見るべき指標、効率的なLPOに役立つツールなどを紹介します。ぜひ参考にしてください。

LPOとは?単品通販(D2C)においてコンバージョン率を上げる5つの方法

2020年02月05日
LPOとは?コンバージョン率を上げる5つの方法

LPO(ランディングページ最適化)とは、ランディングページのコンバージョン率を上げるため施策です。集客をコンバージョンにつなげることで費用対効果の改善も期待できます。

「そもそもLPOとは何?」という初心者にも理解を深めてもらえるように、今回はLPOの概要から基本的な手順、LPOが必要な理由やSEOとの違いなどをわかりやすく説明します。さらに、実際にコンバージョンを上げるための方法や具体的な施策について、効果的なランディングページを制作するための構成事例や心得ておくべきポイントなど、LPOを行う際に役立つ情報を解説します。

【売れるサイトを作る】単品通販(D2C)で絶対取り入れたい6つのノウハウ

2019年07月12日
【売れるサイトを作る】単品通販で絶対取り入れたい6つのノウハウ

単品通販は新規参入しやすいことや高い利益率などメリットが多い事業ですが、商品数が少ないことによる集客力の弱さが弱点でもあります。単品通販で売上を上げるためには、商品数が少ないことをカバーし、強みに変えるノウハウを取り込むことが大切です。
単品通販で売上が上がらずお困りの方は、必要なノウハウが盛り込まれていない可能性があります。今回は、単品通販会社が取り入れておきたい6つのノウハウの詳細をご紹介します。単品通販の知識量や経営力をアップさせるためにも、是非参考にしてください。

単品通販(D2C)のネット広告で100%確実にコンバージョン効率を上げ続ける方法とは?

2019年04月26日

単品通販(D2C)のネット広告のクリエイティブは、ある理論にてプランニングをしていけば、ズバリ“100%確実”に“コンバージョン率”を上げ続けることができます。
例え広告賞を受賞するクリエイティブでも、コンバージョン率が高くなければゴミです。ネット広告のクリエイティブは、要は「売れるかどうか」「コンバージョン率が上がるかどうか」という“結果”がすべて。そして何よりも大切なのが『コンバージョン率を上げ続けること』です。
今回はその『“最強”のクリエイティブ理論』を具体的に紹介していきます。

単品通販(D2C)のランディングページでコンバージョン率を上げる10個のノウハウ

2019年01月17日

単品通販(D2C)でコンバージョン率を上げるためには、“瞬発力と勢いで申込ませる構成”で商品ごとに完全に独立した『広告専用ランディングページ』にして、お客様に迷わせることなく商品を申込んでもらえるようにすることが必要です。では、受け皿となるランディングページはどのようなデザインにすればよいのでしょうか? 今回は、ランディングページでコンバージョン率を上げる10個のノウハウをお伝えします。

単品通販(D2C)のネット広告でコンバージョン率が最大化する申込みのフローとは?

2019年01月10日

たとえ多くの人が広告をクリックしてサイトに訪れたとしても、コンバージョン(申込み)をさせないとまったく意味がありません。
単品通販(D2C)でコンバージョン率を最大化するために必要なポイントは、お客様の申込みフローの最適化です。今回は、単品通販で採用すべき申込フローについて解説します。

  1. 1
  2. 2