お問い合わせ

単品通販(D2C)の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報を発信しています。

おすすめ記事

単品通販(D2C)とは? 総合通販との違いから新規・定期(サブスク)顧客の獲得方法まで

2021年11月05日
単品通販とは?総合通販との違いから新規・定期顧客の獲得方法まで

ネット通販でモノを買うことが当たり前の時代になり、通販(D2C)サイトを活用した通販(D2C)事業は、企業にとっても有効な販路として欠かせない存在となりました。
しかし、参入する企業は多く、商品も販売価格も比較されやすいネットにおいて、通販(D2C)事業で利益を出すことは簡単ではありません。伸び悩んでいる企業も多くあります。
そこで近年、新たな通信販売の手法として注目され始めた手法が「単品通販(D2C)」です。従来の通信販売とは大きく異なった戦略で、高利益率が期待できると言われています。今回は、そんな単品通販(D2C)の特徴から、顧客獲得に必要な施策について詳しくご紹介します。

最新記事

ネット広告のCVR (コンバージョン率) を改善する方法を徹底解説

2021年09月07日

ネット広告のCVR(コンバージョン率)は1〜3%程度とされていますが、ポイントをおさえて工夫することで劇的なCVR向上が期待できます。

CVRを上げるためには「つかみ」と「流れ」が重要です。ユーザーに迷わせることなく自然と申込に誘導することで、CVR向上が期待できるでしょう。

そのためには広告専用ランディングページ(LP)を申込フォーム一体型®にするなど、余計なストレスや迷いを払拭させることが効果的です。

この記事ではネット広告のCVRを上げる具体的な3つの方法を中心に、CVRについて解説します。

チャットボット(フォーム)のおすすめを紹介【単品通販(D2C)で本当に“使える”ツールとは?】

2021年07月20日

顧客とのコミュニケーションツールとして、チャットボットが台頭してきています。

LINE形式のチャットが「ストレスを感じない」と感じている消費者が増えているのです。

単品通販(D2C)でも、チャットボットの活用でコンバージョン率やアップセル率・クロスセル率をあげることが可能です。

単品通販(D2C)で本当に使えるチャットボットについて紹介します。

単品通販(D2C)の「クロスセル」とは?有効な施策から成功事例まで徹底解説

2021年03月29日
単品通販の「クロスセル」とは?有効な施策から成功事例まで徹底解説

主に1種類だけの商品を販売する単品通販(D2C)は、ネット上のEC(D2C)サイトと相性が良く、実際に多くの成功事例も見られます。しかし、市場規模が大きくなりつつある単品通販(D2C)に参入する企業は多いため、参入時にはマーケティング戦略について十分に考える必要があります。
そこで注目されている施策が、「クロスセル」です。特に、化粧品や健康食品における単品通販(D2C)では、「クロスセル」が採用されることが増えています。
では、「クロスセル」の単品通販(D2C)を成功させるためには、どのような点に気を付けるべきでしょうか。そこで今回は、「クロスセル」の活用事例や成功事例について解説します。

カゴ落ちとは? 知っておきたい起こる理由と対策方法を紹介

2021年02月10日

申込みまでクリックされているものの、購入に至らず離脱される状態を指す「カゴ落ち」。

カゴ落ちの平均率は69.57%とされており、多くの通販(D2C)サイトで生じています。

単品通販(D2C)でカゴ落ちが生じる原因の多くは、ランディングページの構造上の問題がほとんど。

ちょっとした工夫で、カゴ落ち率を大幅に改善することが可能です。

ランディングページの改善で、コンバージョンが1.5〜2倍にも上昇した例もあります。

ここではカゴ落ちが起こる原因から、カゴ落ち率を改善する具体的な方法をお伝えします。カゴ落ち率を改善し、売上アップと顧客獲得に繋げていきましょう。

【エントリーフォーム最適化(EFO)】入力を改善してコンバージョン率を高める

2020年09月01日

今回はエントリーフォーム最適化(EFO)によって、ユーザーの入力の手間を改善しコンバージョン率を高める方法について解説します。

コンバージョン獲得のボトルネックになっている要因の一つに、フォームの使い勝手があります。

フォームはコンバージョンに一番近いポイントであり、そこで離脱を招いているとすれば、改善したいところです。ぜひ参考にしてください。

今さら聞けない?お客様の手間を徹底的に排除して単品通販(D2C)のコンバージョン率を最大化する方法とは?

2019年01月24日

多くの単品通販(D2C)会社がネット広告をやる際に『ランディングページ』を制作していますが、単品通販(D2C)会社の90%以上のが大きな間違いを犯しています。
それは、せっかくランディングページを制作したにも関わらず、“申込アイコン”を押した瞬間から本サイトの“ショッピングカート”システムにつなげてしまっていることです。
しかし、残念ながら、ショッピングカートはランディングページとの相性が最悪です。今回は、お客様の手間を徹底的に排除してコンバージョン率を最大化する方法をお伝えします。

コンバージョン率2.87倍改善のネイティブ広告の手法とは…?

2018年12月13日

“申込フォーム一体型記事広告”により、ネイティブ広告のコンバージョン率が最大2.87倍改善したという単品通販(D2C)会社の実績が出ました。業界のトレンドであるネイティブ広告の最先端の手法についてお届けします。