お問い合わせ

単品通販(D2C)の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報を発信しています。

おすすめ記事

単品通販(D2C)とは? 総合通販との違いから新規・定期(サブスク)顧客の獲得方法まで

2021年11月05日
単品通販とは?総合通販との違いから新規・定期顧客の獲得方法まで

ネット通販でモノを買うことが当たり前の時代になり、通販(D2C)サイトを活用した通販(D2C)事業は、企業にとっても有効な販路として欠かせない存在となりました。
しかし、参入する企業は多く、商品も販売価格も比較されやすいネットにおいて、通販(D2C)事業で利益を出すことは簡単ではありません。伸び悩んでいる企業も多くあります。
そこで近年、新たな通信販売の手法として注目され始めた手法が「単品通販(D2C)」です。従来の通信販売とは大きく異なった戦略で、高利益率が期待できると言われています。今回は、そんな単品通販(D2C)の特徴から、顧客獲得に必要な施策について詳しくご紹介します。

最新記事

薬機法とは?今更聞けない基本や表記法のOK・NGポイントを解説

2021年09月21日

扱っている商品の魅力を顧客に伝えたいとき、気をつけたいのが薬機法・景表法などの関係法令です。関係法令に違反した場合の罰則は、改正するたびに重たいものになっており、罰則が及ぶ範囲も広くなっています。

とくに近年厳罰化が進んでいるのが、「過剰な表現を用いたことにより消費者に誤解が生じ、健康被害が及ぶ可能性がある広告表現について」です。

通販(D2C)に関わるなら、知っておかなければならない薬機法の基本を解説します。

【単品通販(D2C)】化粧品の特徴|成功のためのポイントと薬機法について

2019年06月20日
【単品通販】化粧品の特徴|成功のためのポイントと薬機法について

数ある通販ビジネスの中でも、単品通販は特に新規参入がしやすいジャンルとして知られています。単品通販は一つの商品に絞って販売に力を注ぐことができるため、広告費を抑えることができ、新規参入のハードルが低いことも魅力の一つと言えるでしょう。
今回は、単品通販における化粧品ジャンルの特徴から、化粧品業界の単品通販を成功させるための秘訣、そして化粧品販売時に気をつけておくべき「薬機法」について詳しくご説明します。化粧品ジャンルで単品通販を始めようと考えている方は、必見です。

単品通販(D2C)ビジネスは危険? 2つの法律とトラブル例・回避方法

2019年03月29日

数多くの通販ビジネスの中でも、着々と市場規模が成長し続けている単品通販(D2C)ビジネス。現在、そんな単品通販(D2C)ビジネスを始めようと考えている方も多いでしょう。
しかし、単品通販(D2C)ビジネスに関連する法律をきちんと把握し、法律に沿った運営を続けていかなければなりません。ネット広告・ランディングページなどで、万が一法律に反した掲載をしてしまうと、最悪の場合、単品通販(D2C)ビジネスができなくなってしまうというリスクもあります。
そこで今回は、単品通販(D2C)ビジネスに関する法律の基礎、違法となってしまう具体的なNG例・トラブル例、トラブルを回避する方法をご紹介します。