単品通販(D2C)の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

                 
                 
お問い合わせ

単品通販(D2C)の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報を発信しています。

おすすめ記事

単品通販(D2C)とは? 総合通販との違いから新規・定期(サブスク)顧客の獲得方法まで

2021年11月05日
単品通販とは?総合通販との違いから新規・定期顧客の獲得方法まで

ネット通販でモノを買うことが当たり前の時代になり、通販(D2C)サイトを活用した通販(D2C)事業は、企業にとっても有効な販路として欠かせない存在となりました。
しかし、参入する企業は多く、商品も販売価格も比較されやすいネットにおいて、通販(D2C)事業で利益を出すことは簡単ではありません。伸び悩んでいる企業も多くあります。
そこで近年、新たな通信販売の手法として注目され始めた手法が「単品通販(D2C)」です。従来の通信販売とは大きく異なった戦略で、高利益率が期待できると言われています。今回は、そんな単品通販(D2C)の特徴から、顧客獲得に必要な施策について詳しくご紹介します。

最新記事

ディスプレイ広告の平均クリック率(CTR)とは?【低い理由、改善方法も紹介】

2021年03月12日

Webサイトやモバイル用アプリなどの広告枠に表示されるディスプレイ広告。

画像使用が多いことから、「バナー広告」とも呼ばれています。

ディスプレイ広告の平均クリック率は低く、そのまま出稿しても大きな成果は期待できません。

しかしちょっとした改善方法をディスプレイ広告に取り入れるだけで、クリック率を大幅に高められる可能性があります。

この記事ではディスプレイ広告のクリック率を上げる、3つの改善方法を具体的にお伝えします。

ディスプレイ広告の反響を高め競合と差別化を図り、売上や認知向上に繋げていきましょう。

単品通販(D2C)を成功に導くマーケティング手法4選|商品が売れる構造とは

2019年04月19日

1つの商品やサービスの販売に特化する「単品販売」は高い利益率が期待できます。
ただし、単品通販(D2C)は利益率が高い分、競合企業も多くマーケティング手法によって成否が分かれます。
今回の記事では、単品通販(D2C)を成功に導くマーケティング手法を4つ挙げて、それぞれの具体的な考え方を解説します。単品通販(D2C)事業を成功させるため、「商品が売れる」仕組みを作っていきましょう。

単品通販(D2C)のクリック率を最大化する広告原稿とは?

2018年12月21日

ネットのお客様を理解し、ネット広告が無視される事を前提に戦略的な広告原稿をプラニングすると、劇的にクリック率は上がります。
単品通販(D2C)のネット広告で重要な広告原稿のコツをお伝えします。