お問い合わせ

単品通販(D2C)の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報を発信しています。

おすすめ記事

単品通販(D2C)とは? 総合通販との違いから新規・定期(サブスク)顧客の獲得方法まで

2021年11月05日
単品通販とは?総合通販との違いから新規・定期顧客の獲得方法まで

ネット通販でモノを買うことが当たり前の時代になり、通販(D2C)サイトを活用した通販(D2C)事業は、企業にとっても有効な販路として欠かせない存在となりました。
しかし、参入する企業は多く、商品も販売価格も比較されやすいネットにおいて、通販(D2C)事業で利益を出すことは簡単ではありません。伸び悩んでいる企業も多くあります。
そこで近年、新たな通信販売の手法として注目され始めた手法が「単品通販(D2C)」です。従来の通信販売とは大きく異なった戦略で、高利益率が期待できると言われています。今回は、そんな単品通販(D2C)の特徴から、顧客獲得に必要な施策について詳しくご紹介します。

最新記事

正しい【A/Bテスト】のやり方とは?基本的なやり方を押さえて効率的に分析

2021年12月08日

この記事では、【A/Bテスト】について、基本的な方法と効果的な分析についてお伝えします。
Webマーケティングで【A/Bテスト】はよく実施されますが、正しい順序・方法で実施しないと意味をなさないものになります。
「適当にあれとこれを実施したら上がった」というものではなく、きちんと仮説立てから検証まで正しく行わないと、効果は発揮されません。
ぜひ、この記事で正しい方法を学んでみてください。

クロスSWOT分析とは?マーケティング戦略での活用方法

2021年11月19日
クロスSWOT分析とは?マーケティング戦略での活用方法

クロスSWOT分析は、自社のマーケティング戦略を具体的に定める有効なツールです。多様な視点から戦略を考えることで、今後のビジネス展開において自社が優位な状況にあるのか、不利な状況にあるのかを把握できます。また、クロスSWOT分析をより確かなものとするために、3C分析や5フォース分析、VRIO分析の手法についても知っておきましょう。複数の分析方法を組み合わせればマーケティング戦略の具体性が高まり、企業の利益を増やしやすくなります。

【2021年】最新のCRM市場規模・業界別動向と人気システム4選

2021年11月10日
2020年最新のCRM市場規模・業界別動向と人気システム4選

CRM(顧客管理システム)の導入を検討中の企業では、最新の動向をチェックしたいという方も多いでしょう。利便性が高く、業務効率向上や売り上げ拡大に繋がるシステムであれば、多くの企業で導入も進み、受け入れられやすくなります。

今回の記事は、2021年最新のCRM市場規模や今後の動向・見込みについて解説したのち、CRMを導入した企業の事例や、人気のCRMシステムを4つ紹介します。CRMシステムの導入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

単品通販(D2C)とは? 総合通販との違いから新規・定期(サブスク)顧客の獲得方法まで

2021年11月05日
単品通販とは?総合通販との違いから新規・定期顧客の獲得方法まで

ネット通販でモノを買うことが当たり前の時代になり、通販(D2C)サイトを活用した通販(D2C)事業は、企業にとっても有効な販路として欠かせない存在となりました。
しかし、参入する企業は多く、商品も販売価格も比較されやすいネットにおいて、通販(D2C)事業で利益を出すことは簡単ではありません。伸び悩んでいる企業も多くあります。
そこで近年、新たな通信販売の手法として注目され始めた手法が「単品通販(D2C)」です。従来の通信販売とは大きく異なった戦略で、高利益率が期待できると言われています。今回は、そんな単品通販(D2C)の特徴から、顧客獲得に必要な施策について詳しくご紹介します。

同梱物とは?通販(D2C)に必須のツールを入れてLTVを引上げる

2021年08月06日

同梱物は通販(D2C)において、リピート購入や固定客の獲得へとつなげる重要な役割を果たすツールです。

この記事では、同梱物の意味と効果的な活用方法について解説します。

通販(D2C)に必須のツールを活用した、顧客のLTVを引上げる方法についても詳しく紹介しますので、
ぜひ参考にしてください。

単品通販(D2C)の運営で重要なリピート率の計算方法・目安と数字を高める方法

2021年03月26日

商品・ブランドを販売する単品通販(D2C)の運営において、成功率を大きく左右する要素が「リピート率」です。単品通販(D2C)ではリピート率を上げることで、収益の大幅な増加が期待できます。

リピート率の上昇を図るためにはまず、現状のリピート率を把握しておく必要があります。しかし、リピート率の他に重要となる「リピーター率」の計算方法と混合してしまい、正しい計算ができていないという方も少なくありません。

そこで今回は、リピート率とリピーター率の違いから、正しいリピート率の計算方法や、リピート率を高めるための方法について詳しく解説します。単品通販(D2C)の運営を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

単品通販(D2C)の特定商取引法とは?【法令を遵守して健全なショップ運営】

2020年12月04日

特定商取引法とは、通信販売や訪問販売などの消費者とトラブルが生じやすい特定の取引形態について、禁止事項等が定められている法律です。

単品通販(D2C)の健全で持続的な経営には、特定商取引法の遵守が不可欠。

特定商取引法に違反すると、単品通販(D2C)業務の禁止を命ぜられる恐れもあるため、事業者は内容をしっかりと確認し遵守しなくてはなりません。

この記事では特定商取引法の内容や、単品通販(D2C)業者が特定商取引法を遵守するために気をつけるべきことについてお伝えします。

「デジタルD2C」の市場調査を実施、2025年には3兆円に達すると予測

2020年11月25日

2020年の「デジタルD2C」市場は、昨年対比109%の2兆2,200億円に達する見通し。
2021年には2兆4,100億円、2025年には3兆円に達する見込み。

2019年はインターネット広告費が初の2兆円を超えてテレビ広告費を逆転し、デジタル化の新たな局面を迎えました。
これは、人々のいる場所がマスからデジタルへと移り変わっていることを意味します。

これらを背景に、2020年の「デジタルD2C」市場は、昨年対比109%の2兆2,200億円に達する見通しです。

購買心理を理解して売上アップ【購入したくなるプロセスを学ぶ】

2020年11月05日

顧客の購買心理を掴むことは、マーケティングや販売促進を行う上で鍵となる要素です。

いくら良い商品でも、顧客が購入したくなるプロセスを経なければ、見向きもされません。

顧客の購買心理には8段階あるとされおり、各段階のポイントを踏まえながら、段階的に行うのが成功する上で大切です。

この記事では、顧客が購入したくなる8段階の購買心理や、単品通販(D2C)で購買意欲を掻き立てる消費者心理について解説します。

通販(D2C)におけるファネルとは【新規顧客を獲得してロイヤルカスタマー化】

2020年10月22日

通販(D2C)において、新規顧客を獲得しロイヤルカスタマー化するために、「ファネル」という考え方を活用します。

この記事ではファネルの概念から、通販(D2C)でファネルを活用して新規顧客を獲得し、見込客をロイヤルカスタマーまで導く道のりについて解説します。
ぜひ参考にしてください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4