単品通販(D2C)の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

                 
                 
お問い合わせ

単品通販(D2C)の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報を発信しています。

おすすめ記事

単品通販(D2C)とは? 総合通販との違いから新規・定期(サブスク)顧客の獲得方法まで

2021年11月05日
単品通販とは?総合通販との違いから新規・定期顧客の獲得方法まで

ネット通販でモノを買うことが当たり前の時代になり、通販(D2C)サイトを活用した通販(D2C)事業は、企業にとっても有効な販路として欠かせない存在となりました。
しかし、参入する企業は多く、商品も販売価格も比較されやすいネットにおいて、通販(D2C)事業で利益を出すことは簡単ではありません。伸び悩んでいる企業も多くあります。
そこで近年、新たな通信販売の手法として注目され始めた手法が「単品通販(D2C)」です。従来の通信販売とは大きく異なった戦略で、高利益率が期待できると言われています。今回は、そんな単品通販(D2C)の特徴から、顧客獲得に必要な施策について詳しくご紹介します。

最新記事

クロスSWOT分析とは?マーケティング戦略での活用方法

2021年11月19日
クロスSWOT分析とは?マーケティング戦略での活用方法

クロスSWOT分析は、自社のマーケティング戦略を具体的に定める有効なツールです。多様な視点から戦略を考えることで、今後のビジネス展開において自社が優位な状況にあるのか、不利な状況にあるのかを把握できます。また、クロスSWOT分析をより確かなものとするために、3C分析や5フォース分析、VRIO分析の手法についても知っておきましょう。複数の分析方法を組み合わせればマーケティング戦略の具体性が高まり、企業の利益を増やしやすくなります。

フェイク広告から純広告へ!楽して簡単に稼ぐがいずれ締め出される理由とは

2021年04月16日

大げさに加工された画像、無断で使われた芸能人の写真、うその使用体験談など、現代版バイブル商法とも言われているフェイク広告。

メディアや広告主は、消費者を騙すような形で商品を購入させる悪質なものを締め出すために、取り締まりを強化しています。しかし、フェイク広告は無くならず、インターネット上に蔓延する一方です。

この記事では、フェイク広告が蔓延する理由と各メディアのフェイク広告に対する姿勢、広告掲載の形態が純広告へ回帰しつつあるその理由についてお話しします。