お問い合わせ

単品通販(D2C)のネットショップの配送方法別におすすめの3社「ヤマト運輸」「日本郵便」「佐川急便」を紹介

2021年05月13日
ネットショップの配送方法別におすすめの3社「ヤマト運輸」「日本郵便」「佐川急便」を紹介

これからネットショップを開業しようと考えているなら、
「ヤマト運輸」、「日本郵便」、「佐川急便」
のなかから契約する配送業者を選ぶのがおすすめです。
ネットショップでは、配送料の有無や金額、荷物が届くまでの日数で売上が左右されることが多いです。
配送料や配送サービスはネットショップによって違うので、各社の違いを知ったうえで、ネットショップに合った配送会社を選べるようになることをおすすめします。
今回は、数多くのネットショップオーナーが実際に利用している大手配送会社3社の比較と、配送会社の選び方について解説していきます。

単品通販(D2C)のネットショップ経営で成功する人・失敗する人の違いは目的意識と学びの習慣

2021年05月10日
ネットショップの経営で成功する人・失敗する人の違いは目的意識と学びの習慣

ネットショップの経営は、運やまぐれで成功できるものではありません。テレビなどで話題になり、人気ショップへの道を駆け上がったネットショップも、実際には急な注文に対応できるような体制や状況の変化に即応して大量の注文をさばけるよう準備を整えています。ネットショップ経営で成功する人と失敗する人の違いを知って、儲かるネットショップ経営を始めましょう。
今回は、ネットショップの経営に成功している人の共通点や経営に失敗する人のよくある失敗事例、ネットショップ経営を始めるメリットなどをご紹介します。

フェイク広告から純広告へ!楽して簡単に稼ぐがいずれ締め出される理由とは

2021年04月16日

大げさに加工された画像、無断で使われた芸能人の写真、うその使用体験談など、現代版バイブル商法とも言われているフェイク広告。

メディアや広告主は、消費者を騙すような形で商品を購入させる悪質なものを締め出すために、取り締まりを強化しています。しかし、フェイク広告は無くならず、インターネット上に蔓延する一方です。

この記事では、フェイク広告が蔓延する理由と各メディアのフェイク広告に対する姿勢、広告掲載の形態が純広告へ回帰しつつあるその理由についてお話しします。

ネット広告の媒体と種類を解説【効果的に宣伝して売上アップ】

2021年04月13日

インターネット広告の市場規模は、年々拡大傾向にあります。最近ではスマホ向けネット広告が増えており、2023年には約2.8兆円まで拡大するともいわれているほど。

単品通販(D2C)のビジネス拡大においても、ネット広告は重要な鍵だと言えるでしょう。

ネット広告にはリスティング広告や動画広告など、さまざまな種類や媒体が存在します。目的や商材との相性、ターゲットの属性によって適切なネット広告を選択することが大切です。

この記事ではインターネット広告のメリットや媒体・種類を紹介し、単品通販(D2C)においてネット広告出稿を成功させるポイントを解説します。

単品通販(D2C)の「クロスセル」とは?有効な施策から成功事例まで徹底解説

2021年03月29日
単品通販の「クロスセル」とは?有効な施策から成功事例まで徹底解説

主に1種類だけの商品を販売する単品通販(D2C)は、ネット上のEC(D2C)サイトと相性が良く、実際に多くの成功事例も見られます。しかし、市場規模が大きくなりつつある単品通販(D2C)に参入する企業は多いため、参入時にはマーケティング戦略について十分に考える必要があります。
そこで注目されている施策が、「クロスセル」です。特に、化粧品や健康食品における単品通販(D2C)では、「クロスセル」が採用されることが増えています。
では、「クロスセル」の単品通販(D2C)を成功させるためには、どのような点に気を付けるべきでしょうか。そこで今回は、「クロスセル」の活用事例や成功事例について解説します。

単品通販(D2C)の運営で重要なリピート率の計算方法・目安と数字を高める方法

2021年03月26日

商品・ブランドを販売する単品通販(D2C)の運営において、成功率を大きく左右する要素が「リピート率」です。単品通販(D2C)ではリピート率を上げることで、収益の大幅な増加が期待できます。

リピート率の上昇を図るためにはまず、現状のリピート率を把握しておく必要があります。しかし、リピート率の他に重要となる「リピーター率」の計算方法と混合してしまい、正しい計算ができていないという方も少なくありません。

そこで今回は、リピート率とリピーター率の違いから、正しいリピート率の計算方法や、リピート率を高めるための方法について詳しく解説します。単品通販(D2C)の運営を検討している方は、ぜひ参考にしてください。