お問い合わせ

クリエイティブの作り方【最適化してクリック率を上げる】

ネット広告でクリック率を高めるには、レスポンスが低下するリスクを省き、売れるクリエイティブに特化した”クリエイティブ最適化®”がポイントです。

広告賞を受賞するようなカッコいいクリエイティブでも、レスポンスが高くないと商品が売れず意味がありません。

ネット広告におけるクリエイティブの良さは、見た目のカッコよさや洗練さよりも「売れるかどうか」や「クリックされるかどうか」で判断するのが大切です。

この記事ではクリック率が飛躍的に高まる広告クリエイティブの作り方を解説します。クリエイティブ最適化®を行い、広告のクリック率を高めていきましょう。

クリエイティブ最適化®とは

売れるクリエイティブを作るには、なるべくレスポンスが低下するリスクを省き、レスポンスを上げていくクリエイティブ作りをしていく、”クリエイティブ最適化®”が重要です。

今までの広告業界では「一つのクリエイティブプランを一つの完結された“作品”」として見る風潮がありました。レスポンスの高いクリエイティブを作るには、高いIDEAセンスでキャッチコピー・写真・構成(デザイン)などを“相性よく組合せ”総合プランニングをするというような発想です。

こうしたクリエイティブの作り方では、1つのクリエイティブプランを実施してレスポンスが悪いとその作品自体が悪いと判断し、まったく新たなクリエイティブプランを作ることが一般的でした。

しかしこのように”作品”としてクリエイティブを作る方法では、同じようにレスポンスが悪いクリエイティブが再び作られることがよくありました。

ではどのようなクリエイティブが効果的なのでしょうか。鍵となるのは”クリエイティブ最適化®”です。

売れるクリエイティブを作るには、もっとシンプルに、統計学的に考え、売れるクリエイティブを分析し、レスポンス低下のリスクを抑えた、”クリエイティブ最適化®”が重要となってきます。

クリエイティブ最適化®を続けると、ネット広告の費用対効果(ROAS)は上がる可能性を飛躍的に高められるでしょう。

売れるクリエイティブの作り方

最高にレスポンスが高い最適化されたクリエイティブ作るには、クリエイティブの要素を例えば、「キャッチコピー」、「写真」、「デザイン(構成)」など要素に分けて考えることが大切です。

それらの要素でクリエイティブ最適化®を図ることが、レスポンスの高いクリエイティブ作成のポイントです。

一つのクリエイティブプランを分解し、どの[キャッチコピー・写真・構成(デザイン)]を組合せれば最高の組合せになるかを半永久的に模索することで、ネット広告のクリエイティブのレスポンス率を確実に上げ続けられます。

キャッチコピー

ネット広告でクリック率にもっとも影響をあたえるキャッチコピーは、特定のターゲットを狙ったコピーを設定することが重要です。

このキャッチコピーの優劣によって、クリック率に2〜3倍もの違いが出てくる場合があります。

特定のターゲットを狙ったキャッチコピーを作成する上でのポイントは、「○○の方へ」「○○なあなたへ」と対象とするターゲットを具体的に明記させることです。

ネットではあらゆる年齢層・趣味趣向を持った人が、ピンポイントで自分の欲しい情報を検索しています。

だからこそ特定のターゲットを狙ったキャッチコピーにすることで、「自分のことを言われているような錯覚」を起こさせることが可能なのです。

こうしたキャッチコピーは地味で万人受けは見込めないものの、ターゲットが狭まっているほどクリック率が高まり、見込客獲得に繋がりやすいといえるでしょう。

関連記事:単品通販(D2C)でクリック率の高いキャッチコピーを作る基本と3つのコツ

写真

ネット広告でキャッチコピーの次にクリック率に影響する写真は、モデルやタレント写真などではなく、シンプルに商品の写真を設定するのが有効です。

モデルやタレントの写真を使った広告を打ったとしても、モデルやタレントに興味を持つユーザーが多く、商品申込に繋がりにくいデメリットがあります。

また有名なモデルやタレントを起用すれば数百万円、時には数千万円もの金額が必要となりますが、ネット広告においてはその金額が無駄金になる場合が多いのです。

おすすめはスマホから撮ったような素人っぽい写真で、背景を黒に設定することです。

このような写真を設定することで情報っぽく見え、クリック率が高いクリエイティブが作れる可能性が高まります。

関連記事:クリック率の高い写真とは?【3つのポイントを押さえてCTRを上げる】

デザイン(構成)

ネット広告でクリック率を高めるには、媒体になじんだ広告出稿デザイン(構成)に設定しましょう。

デザインを設定する上で注意したいのが、いかにも広告っぽい、宣伝くさいディスプレイ広告にしないことです。また派手な動きやおしゃれな広告では、ユーザーから敬遠される可能性が高くなります。

広告のクリック率を高めるには、広告の動きをなくしキャッチコピーをメインに設定した、媒体のコンテンツとなじむディスプレイ広告をデザインしましょう。

また情報っぽい、コンテンツ風の広告出稿デザインであれば、よりクリック率を高められるはずです。

クリエイティブを最適化するために【A/Bテスト】を行う

クリエイティブが完成したら、本格的に広告出稿を行う前に必ず【A/Bテスト】を行うようにしてください。

【A/Bテスト】とは、同じ条件で複数の広告クリエイティブを露出し、その反応から最も効果の高いクリエイティブを測定するテストのことです。ネット広告は手軽に【A/Bテスト】が実践できる環境が整っているため、利用しない手はありません。

キャッチコピーひとつをとっても、クリック率に2〜3倍もの違いが出た場合、コンバージョン率に大きな差が生じることとなります。

たとえ小規模の【A/Bテスト】であっても、特定のランキングがついたクリエイティブはキャンペーン本番になっても、ほとんど同一のランキングになることが一般的です。

広告費予算の10%など少ない金額でも【A/Bテスト】を行うことで、ネット広告のキャンペーン効果を飛躍的に高められるでしょう。

【A/Bテスト】の結果からそれぞれ一番強い要素をかけ合わせる

クリエイティブ最適化®を行うために、クリエイティブにおける要素を分解することが大切です。

【A/Bテスト】においても、キャッチコピー・写真・デザイン(構成)の各一要素ずつ検証を行い、それ以外の要素は変えないようにしましょう。

それぞれの要素に対抗させる新規案を複数作り、【A/Bテスト】によって“強い要素”を特定させていきます。

例えばレスポンス率の高いキャッチコピーを調べるためには、写真とデザイン(構成)は変えず、キャッチコピーだけを変えた【A/Bテスト】を行うのが有効です。

各要素の【A/Bテスト】で1位になったものを単純に組合せるだけで、レスポンス率は飛躍的に高められます。

関連記事:正しい【A/Bテスト】のやり方とは?基本的なやり方を押さえて効率的に分析

まとめ:クリエイティブを最適化してクリック率を高めよう

ここまでクリック率が飛躍的に高まる広告クリエイティブの作り方を説明しました。

クリエイティブ最適化®や適切な【A/Bテスト】を行うことで、広告のクリック率は簡単に高められます。

ネット広告におけるクリエイティブの良さは、見た目のカッコよさや洗練さでなく「売れるかどうか」「クリックされるかどうか」が大切です。

今回紹介したポイントを抑え、売れるクリエイティブを作りましょう。

※「クリエイティブ最適化」は特許庁商標登録済み商標です。※登録商標第5456446号

フォームに必要事項をご記入していただくと、
無料で資料請求が可能です。

必須項目が10項目あります。
残り9項目
ご希望のノウハウ資料 (必須)




会社名 (必須)
【全角】 例)株式会社売れるネット広告社
ご担当者名 (必須) 姓:
名:
【全角】 例)加藤 公一レオ
ふりがな (必須) せい:
めい:
【全角】 例)かとう こういちれお
所在地 (必須)
【選択形式】 例)東京都
電話番号 (必須) -
-

【半角数字】 例)092-000-0000
メールアドレス (必須)
【半角英数】 例)info@ureru.co.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

メールアドレス(確認) (必須)

【半角英数】 例)info@ureru.co.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

個人情報の取扱いについて (必須)
(必須)
必須項目を入力してください。