お問い合わせ

単品通販(D2C)でクリック率の高いキャッチコピーを作る基本と3つのコツ

キャッチコピーは商品購入を検討するきっかけとして、とても大切な存在です。

しかしネット広告の平均クリック率はとても低いと言われており、ただキャッチコピーを考えて出稿しただけでは効果は見込めません。

実は単品通販(D2C)ではキャッチコピーを変えることで、広告のクリック率を約2〜3倍へと飛躍的に高められるのをご存知でしたか?

それだけ、単品通販(D2C)ではキャッチコピーが重要なのです。

この記事では単品通販(D2C)でクリック率の高いキャッチコピーを作るために、基本となるポイントや作成の3つのコツをお伝えします。

単品通販(D2C)でキャッチコピーが重要な理由

ネット広告の平均クリック率はとても低く、他の媒体と比べても、無視される傾向が高いです。そのため単品通販(D2C)では、キャッチコピーが非常に重要になってきます。

キャッチコピーの良し悪しによって、ネット広告のクリック率には約2~3倍もの差が出てしまうほど。

キャッチコピーというと考えるのが難しい印象を抱くかもしれませんが、顧客の心理状態を適切に理解し、ちょっとした工夫を行うだけでも差が出てくるのです。

単品通販(D2C)でキャッチコピーを作る基本

単品通販(D2C)ではキャッチコピーが重要であることは理解できましたが、どのように効果的なキャッチコピーを作っていけば良いのでしょうか。

ここでは単品通販(D2C)で効果的とされるキャッチコピーを作る、基本となるポイントを2点お伝えします。

ターゲットをはっきりとさせる

単品通販(D2C)で効果的とされるキャッチコピーを作る上で1つ目のポイントは、ターゲットをはっきりとさせることです。

訴求したい商品には必ずターゲットが設定されています。そのターゲット層に合ったキャッチコピーを作成することで、クリック率や反響に大きな差が生まれるのです。

20代前半女性と40代後半女性では、属性や年収、趣味、抱えている悩みが大きく異なります。それぞれに響くキャッチコピーも当然異なってくるのです。

同じ女性をターゲット層としている場合でも、できるだけ細分化してターゲット層をはっきりとさせた方が、より効果的なキャッチコピーが設定しやすいでしょう。

顧客の悩みと商品の特徴を理解する

2つ目のポイントは、顧客の悩みと商品の特徴を理解し、キャッチコピーを作ることです。

顧客の悩みが解決できる商品であることを提示できれば、より顧客への訴求効果が高まるでしょう。

たとえば、化粧水を単品通販(D2C)で販売するとしましょう。美白に特化した化粧水であれば、顧客に対しても美白が叶う化粧水であることを訴求する方が効果的です。

しかし「○○○○成分を2割増量」など、マニアックな成分名を表示した場合、一見すると美白につながりにくいキャッチコピーになります。こうしたキャッチコピーは顧客が勘違いをする可能性が高いため、おすすめできません。

具体的な成分名を載せるのは決して悪くはありませんが、あくまで顧客の悩み=美白になりたいが叶えられるキャッチコピーが大前提です。

このように、顧客の悩みと商品の特徴を理解し、キャッチコピーを作成していきましょう。

単品通販(D2C)でクリック率の高いキャッチコピーを作る3つのコツ

先ほどネット広告は無視される傾向が高いことをお伝えしましたが、多くの人に見てもらうことを目指すのでなく、関心のある人だけをサイトに引き寄せるように工夫しましょう。

そうすれば十分にネット広告の効果を実感できるはずです。そのためには関心のある人=顕在層に響きやすいキャッチコピーを作る必要があります。

ここでは単品通販(D2C)でクリック率の高いキャッチコピーを作る上で重要となる、3つのコツについて説明します。

①情報っぽくキャッチコピーを書く

ネットを使っているユーザーは何かしらの情報を探している場合が多く、そうしたユーザーにネット広告をクリックしてもらうには、情報っぽくキャッチコピーを書くのが効果的。

とくにおもしろい情報や悩み解決に役立つ情報、欲求を満たしてくれそうな情報はユーザーから反響を得やすい分野です。

ユーザーが広告であることを意識することなく、新しい情報を得る目的でのクリックが促せれれば、高いクリック率が見込めるでしょう。

②特定のターゲットのみを狙ったキャッチコピーにする

単品通販(D2C)でクリック率の高いキャッチコピーを作る上でのコツとして、特定のターゲットのみを狙う方法もあります。

ポイントは特定のターゲットを具体的に明記し、募集広告のようなキャッチコピーを作ることです。

「目尻のシワにお悩みの方へ」「白髪が少し気になりはじめたあなたへ」など、対象とするターゲットを具体的に記載することで、キャッチコピーを見たユーザーが自分事として捉えやすくなります。

一度ネット広告を自分事として捉えたユーザーは気になってクリックする可能性が高まることから、クリック率の上昇が見込めます。

③続きが気になるようジラしたキャッチコピーにする

また続きが気になるようジラしたキャッチコピーも、単品通販(D2C)でクリック率の高いキャッチコピーになりうるでしょう。

このジラし作戦はドラマやクイズ番組において、一番良い場面でTVCMが入る心理状態と同じであり、ユーザーの「もっと詳しく知りたい!」という気持ちを助長させます。

自ら主体的に商品の情報を知りたいと思ったユーザーは、実際に商品購入へと至りやすく、見込客になりえます。

あえて情報を制限させることで、顕在層の心を動かし、キャッチコピーのクリック率を高めていきましょう。

単品通販(D2C)でクリックされないキャッチコピーの特徴

単品通販(D2C)でクリックされないキャッチコピーには、共通する2つの特徴があります。

1つ目はカッコよさだけを追求したキャッチコピーです。

こうしたキャッチコピーは、かっこよく見せることに気を取られていて、肝心の顧客に刺さるキャッチコピーがないがしろにされている場合が多々あります。

2つ目はお洒落すぎるキャッチコピーです。

オシャレでもなく万人受けしなくてもいいから「まるで自分のことを言われているような錯覚」に陥らせることが重要です。

単品通販(D2C)でキャッチコピーを作る注意点

最後に単品通販(D2C)でキャッチコピーを作る上での注意点を3つ紹介します。

キャッチコピーの答えを遷移先に用意する

1つ目はキャッチコピーの答えを遷移先に用意することです。

ネット広告のリンク先サイト(LP:ランディングページ)には、必ずキャッチコピーの”受け”となる”答え=情報”をしっかりと提供しましょう。

各種法規を遵守する

2つ目は、各種法規を遵守することです。広告表示に関する法律は景品表示法や特定商取引法、薬機法など、さまざまな法律が存在しますが、それらの法律に則った広告を作成することは大前提として抑えておかなければいけません。

違反した場合は罰則はもちろんのこと社会的信用を大きく損なう可能性が高いため、少しでも不安な場合は専門家に確認することをおすすめします。

関連記事:単品通販(D2C)の特定商取引法とは?【法令を遵守して健全なショップ運営】

広告出稿先媒体のルールに従う

また広告出稿先媒体のルールに従うのも、単品通販(D2C)でキャッチコピーを作る上で注意したい点です。

広告出稿先媒体には、適切な運営を維持するためにさまざまなルールが設けられています。

そうしたルールにもきちんと目を通し遵守するのは、広告出稿する企業として最低限守るべき決まりだといえるでしょう。

まとめ:単品通販(D2C)の広告はキャッチコピーを利用してクリック率を上げる

ここまで、単品通販(D2C)でクリック率の高いキャッチコピーを作るために、基本となるポイントや作成の3つのコツをお伝えしました。

単品通販(D2C)ではキャッチコピーの良し悪しによって、大きくクリック率に差が出てきます。

ちょっとした工夫だけで、約2〜3倍もクリック率に差が出てくるため、今回お伝えした内容を基に、ぜひキャッチコピーを工夫してみてください。

フォームに必要事項をご記入していただくと、
無料で資料請求が可能です。

必須項目が9項目あります。
残り8項目
ご希望のノウハウ資料 (必須)




会社名 (必須)
【全角】 例)株式会社売れるネット広告社
ご担当者名 (必須) 姓:
名:
【全角】 例)加藤 公一レオ
ふりがな (必須) せい:
めい:
【全角】 例)かとう こういちれお
電話番号 (必須) -
-

【半角数字】 例)092-000-0000
メールアドレス (必須)
【半角英数】 例)info@ureru.co.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

メールアドレス(確認) (必須)

【半角英数】 例)info@ureru.co.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

個人情報の取扱いについて (必須)
(必須)
必須項目を入力してください。