単品通販(D2C)の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

お問い合わせ

Adobeのサブスクリプションとは?購入から解約までの流れも紹介

画像などの作成や編集処理を行うときに欠かせないツールが、Adobe社のアプリケーションソフトです。パッケージ版は販売価格が10万円前後する高額なソフトでしたが、2012年にいち早くサブスクリプション方式を取り入れています。
そのため、Adobeのサブスクリプションの導入を検討するも、不明点が多く導入に踏み切れずにいるという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Adobeのサブスクリプションの製品について解説します。また、購入方法や解約方法、利用時に起こり得るトラブルの解決策についても紹介しています。Adobeのサブスクリプションの導入で悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

Adobeのサブスクリプションとは?購入から解約までの流れも紹介

サブスクリプション契約で使える「Adobe Creative Cloud」

Adobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)は、Adobe社が提供するサブスクリプションのことで、同社のソフトを毎月定額で利用できるサービスです。

まずは、Adobeのソフトの中でも代用的なソフトについて説明します。

Photoshop 主に写真編集に使用されるビットマップ画像編集ソフト
Illustrator イラスト制作やデザインに使用されるベクター画像編集ソフト
InDesign 印刷物の版下作成のためのページレイアウトソフト
Dreamweaver HTML・CSS・PHPなどによるWebページ制作ソフト

個人ユーザー向けの製品プランには、すべてのソフトをパッケージしたコンプリートプラン、写真編集に特化したフォトプランと、各ソフトの単体版があります。

次に、個人向けのすべての製品プランを紹介します。

コンプリートプラン
ソフト名 概要
単体プランの15のソフトと以下の5つのソフト

  • Media Encoder
  • Character Animator
  • Prelude
  • Fuse
  • Bridge
写真・イラスト・デザイン・映像・オーディオ・Webなどのあらゆるクリエイティブなアイデアを形にできる
月額
5,680円
フォトプラン
ソフト名 概要
  • Photoshop
  • Lightroom Classic
  • Lightroom
PCでもモバイルでも画像編集・整理が可能
月額
980円
単体プラン
ソフト名 概要 月額
Illustrator デザインやイラストの作成 2,480円
Photoshop 画像加工や画像編集、グラフィックの作成
InDesign DTPのためのデザイン
Premiere Pro 映像コンテンツ制作
After Effects 映像編集や特殊効果
Dimension グラフィックデザインの3D
Dreamweaver サイト制作・コーディング
Animate アニメーション制作
Audition オーディオ編集
Acrobat Pro PDFの作成や編集 1,580円
Adobe XD サイトやアプリのUIデザイン 1,180円
Premiere
Rush
動画の編集や公開 980円
Lightroom PCやモバイルでの写真の編集や整理
Spark 画像やWebページやビデオの簡単作成
InCopy 編集者が簡単レイアウト修整 580円

上記の他にも、法人や学生・教職員向けのプランがあります。

成功を収めるAdobeのサブスクリプション・ビジネス

もともとAdobeのアプリケーションソフトは、カメラマンやデザイナーなどのプロ向けに開発されてきました。そのため、代表的ソフトであるPhotoshopやIllustratorは10数万円する高額なソフトとして、一部のヘビーユーザー以外の素人にはとても手が出せないものでした。

そこでAdobeは、2012年に大胆なシフトチェンジを行います。これまでパッケージソフトで販売していたソフトを、サブスクリプション形式に変更したことで、業界内には衝撃が走りました。

結果として、Adobeのサブスクリプション化は成功を収めます。Adobe製品の価値は高いため、業界のプロは迷うことなく定額制へと移行しました。

さらにAdobeは、同社のソフト購入が難しかったライトユーザーの獲得にも成功し、年率20%を超える成長を続けています。

Adobeの成功にならって、Microsoftなどの企業でも従来のパッケージビジネスからサブスクリプションへの転換が進められていることから、Adobe CCはビジネスモデル改革のイノベーションといえます。

「Adobe CC」サブスクリプション契約の購入方法&解約方法

これまでのAdobeの成功話やサービス内容を知り、Adobe CCを利用してみたいと思った人も多いでしょう。

ここからは、Adobeのサブスクリプション契約の購入方法と解約方法について説明します。また、インストールの手順やインストール可能なPCの台数についても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

サブスクリプションの購入方法

Adobe CCのサブスクリプションには、決済方法の違いにより4つの購入方法があります。
4つの方法のうち、ソフトウェアダウンロードカードは購入方法が異なります。

〇クレジットカード・銀行振込・コンビニ支払いの購入方法

AdobeのWebサイトで製品の注文ボタンを押すまでの手続き方法は、すべて同じです。
ただし、決済方法によって購入からインストールまでの手順が異なります。銀行振込とコンビニ払いは、インストール可能となるまで体験版を利用できます。

  • ① 購入する製品を選択してAdobe ID・パスワードを入力し「続行」をクリック
  • ② 支払い方法を選択したのち情報を入力し、「注文する」ボタンをクリック
  • ③ 画面が切り替わり、注文確認のメールが届いたら完了

・クレジットカードの場合

  • ④ 注文確認メールが到着後すぐにインストール可能

・銀行振込の場合

  • ④ 注文後届くメールに記載された振込情報を元に銀行振込
  • ⑤ 最短で翌営業日に入金確認メール到着
  • ⑥ 入金確認メール到着後24時間でインストール可能

・コンビニ支払いの場合

  • ④ 約一週間後に指定の請求先に届いた振込用紙を使いコンビニで支払い
  • ⑤ 支払い確認後3営業日程度でインストール可能

〇ソフトウェアダウンロードカードの購入方法

  • ① ダウンロードカードを購入し、カード裏面に記載の専用サイトにAdobe IDに登録してログイン
  • ② カード裏面のスクラッチ部分を削って出た引き換えコードを入力
  • ③ 「メンバーシップを認証する」をクリック
  • ④ 「メンバーシップが有効になりました」と表示されたらダウンロードカードの有効化が完了し、インストール可能

◆インストール方法

  • ① AdobeのWebページの中の「Creative Cloud」にログイン
  • ② インストールページの中からダウンロードしたいアプリケーションを選択
  • ③ ダウンロードされたインストーラをクリックして起動させてログイン
  • ④ インストールが開始され、最後にアプリケーションが起動されれば完了

インストール可能なPCの台数は、以下の通りとなります。

ライセンス認証(ログイン)可能 2台
一度に使用できる権限 1台

サブスクリプションの解約方法

Adobeのサブスクリプションを解約したい場合、Webページで解約ボタンをクリックするだけで簡単に解約できます。

解約時の手順は、以下の通りです。

  • ① Adobe IDでログイン
  • ② 解約予定のプランメニューで「プランを管理」または「プランを表示」を選択
  • ③ 「プランとお支払い」で「プランを解約」をクリックして、解約理由を選択
  • ④ 指示に従い解約を完了

年間プラン(月々払い)で契約していても、違約金を支払えばいつでも解約可能です。
違約金は、残りの契約期間の半額であるため、負担は少ないといえます。

「Adobe CC」で発生するサブスクリプション関連トラブルへのQ&A

Adobe CCのサブスクリプションを利用していると、ステータスや更新などのトラブルに見舞われることがあります。
最後は、代表的な2つのトラブルと解決策について解説します。

〇オフラインモードでサブスクリプションのステータスを確認できない
前回Adobeサーバーに接続した際、ユーザー使用システムのローカル時間が変更されたために、サブスクリプションの状態が確認できないことが原因です。インターネット時刻とシステム時計の同期を停止し、オンライン状態でアプリケーションを起動することで、解決します。

OSごとの手順は、以下の通りです。

macOS
  • ① システム環境設定の「日付と時刻」を選択し、カギのアイコンをクリック
  • ② 「日付と時刻を自動的に設定」のチェックを外して保存
  • ③ オンラインであることを確認してAdobe CCを再起動
Windows 7
  • ① 「コントロールパネル」→「時計、言語、および地域」→「日付と時刻」→「インターネット時刻」タブから「設定を変更」をクリック
  • ② 「インターネット時刻サーバーと同期する」のチェックを外す
    ダイアログボックスを閉じる
  • ③ オンラインであることを確認してAdobe CCを再起動

〇最新のサブスクリプションであるにもかかわらず「サブスクリプションの更新」を求められる
最新であるにもかかわらず、更新を求められた場合の解決策は2つあります。

解決策①
  • ① Adobe CCデスクトップアプリケーションを開く
  • ② プロフィールアイコンをクリックしてログアウトする
解決策②
  • ① 「このソフトウェアをライセンス登録」をクリック
  • ② 稼働中のインターネット接続があることを確認
  • ③ システム時計が正確であることを確認
  • ④ 上記の手順に失敗した場合は、数分後に「再試行」を行う

Adobe CCで発生するトラブルや解決方法の詳細は、Adobeの公式サイトに記載されています。Adobe CCでトラブルが起こった際は、まずは公式サイトにあるサポートページを確認しましょう。

まとめ

Adobe CCは、サブスクリプションサービスの成功例として業界全体が月額定額制に移行するきっかけとなりました。

Adobe CCの購入方法は4つあり、ソフトウェアダウンロードカードで購入する場合、他の3つの購入方法とは手順が異なるため、注意しましょう。
一方で、解約方法は解約ボタンをクリックするだけです。途中解約する場合は違約金が発生するため、契約期間を考慮した上で解約することがポイントです。

Adobe CCのサブスクリプションを利用していると、トラブルが起こることもあります。万が一トラブルが起こった際には、当記事や公式サイトのサポートページを活用してみてください。