単品通販(D2C)の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

お問い合わせ

iPhoneにおけるサブスクリプションの管理方法と注意点

最近では、iPhoneアプリのサブスクリプション化が進んでいます。従来の課金方式に比べて、サブスクリプション型のiPhoneアプリは、気軽に利用できるため、利用する方が増加傾向です。
しかし、サブスクリプションは解約しない限り、定額料金を支払わなければならないため、利用しなくなった際には、すぐに手続きを進めなければなりません。また、どのサブスクリプションを利用しているかを管理しておくことも必要です。
そこで今回は、iPhoneにおける「サブスクリプションの管理方法」と「注意点」について解説します。iPhoneでサブスクリプションを利用する方は、ぜひ参考にしてください。

iPhoneにおけるサブスクリプションの管理方法と注意点

サブスクリプションとは?

サブスクリプションとは、毎月の定額料金を支払うことで利用できるコンテンツやサービスです。最近は、iPhoneで利用できるサブスクリプション型のアプリが増えています。

サブスクリプションは、従来の課金型iPhoneアプリと異なり、初期コストを抑えられることが特徴です。中には、お試し期間中は利用料金が無料のコンテンツもあるため、気軽にアプリを利用できるようになっています。

しかし、サブスクリプション型のiPhoneアプリは、解約しない限り定額料金を支払う必要があります。そのため、iPhoneユーザーはどのようなコンテンツやサービスが、サブスクリプション化されているのかを知っておいた方が良いでしょう。

サブスクリプションの主な種類

サブスクリプションには様々な形態のサービスがあります。そして、iPhone内で利用できる代表的なサブスクリプション型のアプリは、次の通りです。

  • 動画配信サービス:「YouTube」「Netflix」など
  • 音楽配信サービス:「Apple Music」「Spotify」など
  • ゲームアプリ:「Apple Arcade」など
  • ストレージサービス:「iCloud Drive」「Google Drive」など

上記のアプリでは、有料プランだけではなく、一部の機能が制限された無料プランも選択できます。また有料プランの一部で、一定期間は無料で利用することが可能です。

サブスクリプションには、オンライン利用が前提のサービスだけではなく、オフラインで利用できるサービスもあります。

サブスクリプション型のサービスは、基本的に解約しない限り、定額料金を支払わなければなりません。そのため、どのサブスクリプション型サービスを利用しているのかを、しっかり管理しておくことが重要です。

iPhoneでサブスクリプションを確認する方法

サブスクリプション型のサービスを利用する際は、無駄な支出を防ぐために、しっかりと契約状況を管理しなければなりません。iPhoneでは、利用しているサブスクリプション型アプリの契約状況を簡単に確認できます。

ここでは、iPhoneにおけるサブスクリプションの確認方法を解説するため、参考にしてください。

①「App Store」を開く
まず、サブスクリプションを確認するためには、「App Store」を開きます。App Storeを開いた後は、画面の右上に表示されているアカウントのアイコンをタップしましょう。

②「サブスクリプション」を選択する
続いて、自分のアカウント画面に移動するため、その中に表示されている「サブスクリプション」をタップしましょう。

③「サブスクリプション」を確認する
そして、次の画面で利用しているサブスクリプションを確認することが可能です。

またこの画面では、サブスクリプションの解約など手続きも行うことができます。

iPhoneでサブスクリプションを解約する方法

続いて、iPhoneでサブスクリプションの解約方法について解説します。iPhoneでサブスクリプション型サービスの利用状況を表示した画面で、解約の手続きを進めることが可能です。

①解約したいアプリを選択する
サブスクリプションの設定画面から、解約したいアプリを選択します。

②「サブスクリプションをキャンセルする」をタップする
サブスクリプションを選択すると、編集画面が表示されます。編集画面下にある「サブスクリプションをキャンセルする」をタップしましょう。

③キャンセルを確認する
「サブスクリプションをキャンセルする」をタップすると、キャンセルの確認メッセージが表示されるため、「確認」をタップします。キャンセルの確認を済ませることで、サブスクリプションの解約作業は完了です。

ただし、サブスクリプションを解約しても、更新日まではサービスの利用を継続できます。

iPhoneでサブスクリプションを再開する方法

iPhoneで一度、サブスクリプションを解約したアプリでも、次の手順に沿って手続きを進めることでサブスクリプションを再開することが可能です。解約方法と同様に、まずはサブスクリプションの設定画面を開きます。

①利用を再開したいサブスクリプションを選択する
サブスクリプションの設定画面に表示されているアプリの中から、利用を再開したいものを選択します。

②利用したいオプション・プランをタップする
アプリによって異なりますが、利用したいオプションやプランをタップします。

③利用再開を承認する
利用再開したいオプション・プランをタップすると承認画面に移動します。表示された承認画面で承認することで、サブスクリプションを再開することが可能です。

サブスクリプションを登録する際の注意点

気軽にiPhoneアプリを利用できるサブスクリプションですが、自ら解約手続きを行わない限り、一切アプリを利用していなくても毎月利用料金が発生します。そのため、サブスクリプションを登録・利用する際には、いくつかのポイントに注意しなければなりません。

ここでは、サブスクリプション型サービスを登録する際の注意点について解説します。

無料期間があるものは無料期間終了後の扱いを確認する

「お試し期間」や「トライアル期間」など、無料期間があるサブスクリプションには、無料期間終了後、自動で有料に切り替わるアプリがあります。そのため、無料期間終了後に自動で有料に切り替わるといった表記がないか、確認が必要です。

無料期間終了後に自動更新されるアプリの場合、解約手続きを行わなければ、利用の有無に関わらず利用料金が発生します。有料で利用することを希望しない場合は、無料期間終了後の扱いを確認して、早急にサブスクリプションを解約しましょう。

無料期間の終了日は、iPhoneで確認できます。利用しているサブスクリプションのアプリに表示されている「更新日」が、無料期間の終了日です。「App Store」内にあるサブスクリプションの設定画面から確認できます。

身に覚えのない請求が来た場合には内訳をしっかり確認する

解約済みや契約していないサブスクリプションなど、身に覚えのない請求が来た場合には、内訳を確認しましょう。請求の内訳を確認せずに放置してしまうと、翌月以降も利用料金を請求される可能性があるため、早急に対処しておくべきです。

請求の内訳を確認する方法
請求の内訳を確認するためには、まず「App Store」を開いてアカウント画面に移動します。そして、アカウント画面の1番上に表示されている、自分のアカウントページを開きましょう。

続いて、「購入履歴」という表示をタップします。購入履歴を開くと、これまでに購入・支払いを行ったアプリの内訳を確認できます。

また、購入履歴の内訳は範囲を絞ることが可能です。身に覚えのない請求が、いつから来ているのかを確認できます。

内訳を確認して身に覚えのない請求である場合は、Appleのサポートに問い合わせましょう。

まとめ

月額利用制となっているサブスクリプション型のアプリは、従来型の課金購入型サービスと異なり、初期費用を抑えられることから人気が集まっています。iPhoneでは、様々なジャンルのサブスクリプション型サービスの利用が可能です。

しかし、サブスクリプション型サービスは、解約手続きを自ら進めない限り利用料金が発生する仕組みであるため、定期的な利用状況の確認が欠かせません。

今後も、iPhoneで利用できるアプリのサブスクリプション化が進んでいくことが、予測されます。楽しいiPhoneライフを送るために、急速に普及が進むサブスクリプションについて、管理方法をしっかりと理解しましょう。