単品通販(D2C)の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

お問い合わせ

サブスクリプションサービスとは?利用した際のメリット・デメリット

「サブスクリプションサービス」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。サブスクリプションサービスは「サブスク」と略され、好きなサービスを定額制で利用できる便利な仕組みです。しかし、最近主流になったサービスのため、馴染みがない人も数多くいます。当記事では、サブスクリプションサービスのメリット・デメリットに加え、主要なサブスクリプションサービスの種類を紹介します。サブスクに興味はあっても詳細がよくわからず利用に踏み切れなかった人や、新しいサブスクリプションサービスを使ってみたい人は必見です。

サブスクリプションサービスとは?利用した際のメリット・デメリット

サブスクリプションサービスとは?

サブスクリプションサービスとは、定額課金によってサービスなどの利用権が一定期間手に入るビジネスのことです。元々は雑誌の定期購読などにサブスクリプションという言葉が使われていましたが、今では音楽や映画など、さまざまなジャンルでサブスクリプションサービスを利用することができます。

以下では、サブスクリプションサービスのメリット・デメリットを解説します。

サービスを利用した際のメリット・デメリット

サブスクリプションサービスのメリットは、以下の2点が挙げられます。

サブスクリプションサービスのメリット

①利用開始のハードルが低い
サブスクリプションサービスの多くは、スマホで簡単に始められます。価格設定は高くなく、一定期間は無料で体験できることも多いため、気軽に始められます。また、比較的簡単に解約できるため、サービスの停止時も安心です。

②買い替えコストがかからない
サブスクリプションサービスは物を所有する必要がなく、買い替えも発生しません。サブスクリプションサービスを利用すれば、買い替えの手間やお金を削減することができます。

反対に、デメリットは以下の2点が挙げられます。

サブスクリプションサービスのデメリット

①契約中に利用しなくても料金が発生する
サブスクリプションサービスを契約してもあまり使わなかった場合は、逆に割高になってしまいます。多くのサブスクリプションサービスは無料の体験期間を設けているため、その間に元を取れるのか吟味しましょう。

②利用サービスを管理する必要がある
サブスクリプションサービスは、一度契約したら解約するまで継続的にお金がかかってしまいます。もう利用していないサービスがないか、定期的に見直す必要があります。

以上のメリット・デメリットを押さえたうえで、サブスクリプションサービスを利用しましょう。

サブスクリプションサービスの種類

現在、サブスクリプションサービスは数多くの種類があり、自分に合うものを選ぶことが可能です。

ここからは、主要な10種類のサブスクリプションサービスを紹介します。
おすすめの定額制サービスも紹介するため、サブスクリプションサービスを利用したい人はぜひ参考にしてください。

動画・映像

映画やドラマ、アニメ、バラエティなどが見放題になるサービスです。有名な動画配信サービスには、NetflixやAmazonプライムがあります。YouTube Premiumなら、広告なし・バックグラウンド再生でYouTubeを見ることができます。

動画配信サービスによって充実しているジャンルが異なるほか、オリジナル番組を見られるサービスもあるため、好きなジャンルや気になるコンテンツを基準に選びましょう。

音楽

世界中の音楽が聴き放題になるサービスです。有名な音楽配信サービスには、SpotifyやApple Musicがあります。CDを買わなくても、スマホやパソコンからいつでもどこでも好きな音楽を聴くことが可能です。

今まで知らなかった曲に出会ったりプレイリストを作ったりするなど、音楽の楽しみ方が広がること間違いなしのサブスクリプションサービスです。

雑誌・漫画

漫画や雑誌が定額で読み放題になるサービスです。定額でさまざまな本を読めるため、今まで手を出したことがないジャンルにも気軽に挑戦することができます。読み放題で有名なサービスは、漫画や雑誌以外にビジネス書などの書籍も楽しめるKindle Unlimitedです。

雑誌・漫画のサブスクリプションサービスを利用すれば、スマホやパソコン、タブレットを使って気軽に読書を楽しむことができます。

ゲーム

ソフトを買わないと遊べないイメージがあるゲームも、サブスクリプションサービスで楽しむことができます。中でも、PlayStation Nowというサービスが有名です。昔やっていた・やってみたかったゲームをお得に楽しめます。1か月や3か月など、契約期間を選ぶことができるため、長期休みで集中的にゲームで遊びたいときにおすすめです。

新作のゲームで遊ぶときに割引があるサブスクリプションサービスもあり、ゲーム好きの人なら利用して損はないと言えます。

ソフトウェア

以前はソフトウェアを購入してインストールする必要があったものでも、サブスクリプションサービスを利用すれば常に最新バージョンのソフトウェアを定額で利用できます。イラストレーターやデザイナーには欠かせないadobeのCreative Cloudもその一つです。Office365なら、WordやExcelを定額料金で利用できます。

パソコン仕事が多い人にとって便利なソフトウェアも、サブスクリプションサービスとして提供されています。

グルメ

近年、グルメ系のサブスクリプションサービスが注目を浴びています。定額でランチを楽しめるサービスもあるため、外食する機会が多い人は食費を節約することが可能です。特定のチェーン店での飲食が定額になるサービスもあり、会社や家の近くのチェーン店をよく利用する人は契約して損はありません。

また、subsc(サブスク)のように、食べ物を含む厳選されたショップの商品がランダムに届くサービスもあります。何が届くかわからないわくわく感を楽しめる点も、サブスクリプションサービスの魅力です。

ファッション

アパレル系のサブスクリプションサービスでは、MECHAKARI(メチャカリ)が有名です。MECHAKARIは新品だけを取り扱っており、気に入った洋服は60日間借りれば自分のものになります。そのため、アパレル系のサブスクリプションサービスをうまく利用すれば、洋服代の節約につながるでしょう。

さらに、ブランドバッグやジュエリーなど、自分では手が届かない高価な物を借りられるサブスクリプションサービスもあります。ビジネスや冠婚葬祭で必要になった場合など、利用シーンが限られるときにおすすめです。

生活

日常生活に不可欠な家具や家電を定額でレンタルできるサブスクリプションサービスもあります。たとえば、Dyson Technology +(ダイソンテクノロジープラス)では、ダイソンの家電を定額で借りることが可能です。

家具・家電の買い替えを考えている人や、インテリアを定期的に替えて気分転換したい人に、家具・家電のサブスクリプションサービスはおすすめです。

乗り物

自動車を定額でレンタルできるサービスもあります。NOREL(ノレル)は、一般的なレンタカーとは違い、BMWやフォードなどの高級車を含む1,000種類以上の車から好きな車種を選ぶことができます。さらに、保険も定額料金内に含まれているため、万が一のときも安心です。

自動車のサブスクリプションサービスは「車は好きだけど、スペースや費用の問題で諦めていた」という人にぜひ利用してほしいサービスと言えます。

その他

カラオケやライブ、美容室など、さまざまなジャンルでサブスクを利用することができます。子どもの年齢に合わせた絵本が届く絵本クラブも、便利なサブスクリプションサービスの一つです。

多種多様なサブスクリプションサービスが登場しているため、サービス内容や料金設定を踏まえて、自分にとってお得なサービスを選びましょう。

まとめ

サブスクリプションサービスは、メリット・デメリットを把握したうえで使えば、節約につながる非常に便利なサービスです。豊富な種類の中から、ライフスタイルや趣味に合わせて好きなサービスを使ってみましょう。

当記事を読んでサブスクリプションサービスに興味を持った人は、サブスクに変えることでお得になるものがないか、一度見直してみてください。