単品通販の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

お問い合わせ

単品通販(D2C)の売上を伸ばすために経営者が行うべき3つの対策

事業の売上を伸ばしたい、と思っている経営者や店長のために、売上を伸ばすために基本となる考え方を紹介します。売上を伸ばす方法は業界や職種によってさまざまですが、どの分野にも共通する基本の考え方があります。基本を知ると、具体的に何を行うべきか、という施策のヒントが見つかります。
「売上を伸ばすために何をしたらいいかわからない」「できるだけ費用をかけずに売上を伸ばしたい」と思っている方に向け、売上を構成する要素を分析し、売上を伸ばすための3つの基本について、さまざまな業種の事例を挙げてわかりやすく解説します。

売上を伸ばすために経営者が行うべき3つの対策

単品通販(D2C)の売上を伸ばすための3つの基本

単品通販(D2C)の売上の算出方法は(売上=客数×顧客単価)です。この計算式を押さえたうえで、単品通販(D2C)の売上を伸ばすための基本的な考え方や施策に繋がるポイントを、以下の3つの項目で解説します。

新規顧客を開拓する

単品通販(D2C)の売上は客数×顧客単価で算出されるため、売上の要素でもある「客数」を増やすことは売上を伸ばすためにとても重要なポイントです。そのためには、積極的に新規顧客を開拓する必要があります。

リピート率を上げる

新規顧客を開拓するのと同時に「既存顧客」に対しての施策を行うことも大切です。そもそも新規顧客を開拓するのは客数を増やすためです。新規顧客を増やしたとして、それ以上に既存顧客が減少したら客数は増えたことにはなりません。
もちろん自然流出はありますが、既存顧客が離れていくことのないような取り組みや対策を行い、さらに、リピート率や購入頻度を上げてもらう施策を行うことは、新規顧客の開拓と同じように重要です。

顧客単価を上げる

単品通販(D2C)の売上のもうひとつの要素でもある「顧客単価」を上げることも、売上を伸ばすことに直結します。顧客単価を上げるためには、商品単価を上げる、商品数を増やす、新商品を取り入れるなどの方法がありますが、同時に既存商品を見直すことも大切です。
ポテンシャルはあるのに、販売方法やセールス方法によって商品の価値が上手く訴求されていない可能性もありますし、売れない商品をいつまでも販売している可能性もあります。やみくもに商品数を増やすのではなく、お客様が求めている商品を適正な価格で販売することが大切です。

コンビニ・スーパーの売上を伸ばす方法

コンビニ・スーパーの売上を伸ばす方法を、以下の3項目に分類して解説します。

新規顧客を獲得するための施策

コンビニ・ス―パーの新規顧客を獲得する施策として、主に次の方法があります。

  • *のぼりや折り込みチラシの活用
  • *店舗イベントの実施
  • *店舗周辺の掃除や挨拶の実施

コンビニ・スーパーの顧客は、主に店舗の近くに生活圏があるお客様です。そのため、生活に密着したマーケティングを行えますし、地域性を活かした施策を行えます。

リピート客を増やすための施策

コンビニ・スーパーのリピート率を増やすための施策として、主に次の方法があります。

  • *ポイント制の導入(お得感)
  • *シーズンごとのレイアウト変更(リフレッシュ感)
  • *限定した商品の取り扱い(特別感)
  • *安定した品揃えと安心できる鮮度(安定感・安心感)
  • *清潔感のある安全な店舗(清潔感・安全感)
  • *好印象を与える接客と身だしなみ(幸福感・信頼感)

コンビニ・スーパーは、お客様の生活に密着しているからこそ、他店舗へ流出させない施策を行い、リピート率を高める必要があります。
お客様から選ばれる店舗になるために、日々対応するスタッフの身だしなみを整え、好印象を与える接客を行うと、店舗の印象も良くなり、リピート率も上がります。また、施策を行う際は、お客様が感じる気持ちをイメージすると、取り組みを行う目的が明確になります。

顧客単価を上げるための施策

コンビニ・スーパーの顧客単価を上げるための施策として、主に次の方法があります。

  • *新商品の迅速な展開(新商品への興味を惹き、購入意欲を高める)
  • *レジ前のついで買い心理を利用
  • *くじキャンペーン
  • *限定品の販売
  • *TVなどで話題となった食材の販売展開
  • *カゴやカートを積極的に使用してもらう工夫
  • *POPの活用

コンビニやスーパーの顧客単価を上げるためには、より多くの商品を購入してもらうことが最も重要です。頻繁に利用してもらっている店舗であることを認識して、お客様を飽きさせることのないよう、常に新鮮な商品展開を行うことがポイントです。また、メディアで取り上げられた話題の食材や健康法などを敏速に取り入れ、販売展開することも効果的です。
そのためには、世間で話題になっている情報にもアンテナを張る必要があります。

飲食店の売上を伸ばす方法

飲食店の売上を伸ばす方法を、以下の3項目に分類して解説します。

新規顧客を獲得するための施策

飲食店の新規顧客を獲得するための施策として、主に次の方法があります。

  • *クーポンサイトの活用
  • *ネットや誌面の広告出稿(口コミサイト含む)
  • *店舗周辺でのビラ配り
  • *店舗前の看板設置
  • *SNSの活用(Instagramなどによる顧客からの拡散)
  • *顧客からの紹介

飲食店の商品は「料理」や「サービス」ですので、集客に使用する写真は美味しそうに感じる撮影を行うことがポイントです。店舗前に設置する看板も、つい入りたくなるような内容にする工夫が必要です。また、既存顧客からの紹介は、信頼性もあり、とても有効な手段です。
まず既存顧客に満足感を与え、人に薦めたくなる特徴を持つことが必要です。

リピート客を増やすための施策

飲食店のリピート客を増やすための施策として、主に次の方法があります。

  • *満足感を与える商品(料理・サービス)の提供
  • *次回使用できるクーポンの配布
  • *ポイントカードの導入
  • *DMやSNSの活用
  • *リピートしたくなる特徴(料理、店舗の雰囲気、店主、接客方法、など)
  • *清潔感のある店舗

飲食店のリピート客を増やすためには、まず、提供する「料理」や「サービス」に満足してもらうことが重要です。店舗の清潔感も含めて「また来たい」と思ってもらうことが大前提です。また、イベントのお知らせや、クーポンの配布など、来店を喚起するようなアクションを取ることも有効でしょう。

顧客単価を上げるための施策

飲食店の顧客単価を上げるための施策として、主に次の方法があります。

  • *名物料理の考案
  • *追加注文を充実させる
  • *スタッフからの声掛け
  • *スイーツやドリンクを充実させる
  • *メニューへの写真掲載
  • *回転率を速くする

飲食店の顧客単価を上げるには、単価の高い料理やドリンクを注文してもらう方法や、より多くの注文をしてもらう方法があります。そのためには、追加品目を充実させ、スタッフからの声掛けを行うことも有効な手段です。また、コース料理の場合は、グレードアップをしてもらう方法もあります。

ネットショップの売上を伸ばす方法

ネットショップの売上を伸ばす方法を、以下の3項目に分類して解説します。

新規顧客を獲得するための施策

ネットショップの新規顧客を獲得するための施策として、主に次の方法があります。

  • *SEO対策の実施
  • *ネット広告の掲載
  • *SNS広告の掲載

SEO対策やネット広告に加え、Instagram広告やLINE広告などのSNS広告も注目されています。SNS広告の特徴は、ターゲティング精度の高さです。そのため、ターゲットとなる潜在顧客層への認知拡大を図れます。

リピート客を増やすための施策

ネットショップのリピート客を増やすための施策として、主に次の方法があります。

  • *クーポンの発行
  • *メルマガの配信
  • *チラシ、カタログ、DMの郵送

ネットショップでリピート客を増やすためには、初回購入時に次回以降利用できるポイントやクーポンを発行する仕組みが有効です。さらに、ポイントやクーポンに有効期限を設定することで、再購入を促し、リピート率を高められます。また、年齢層の高いお客様には、チラシやダイレクトメールが有効です。
商品と一緒にチラシを同封すると、目を通してもらえる機会が増えますし、チラシ内に電話注文やFAX注文の案内があると、年齢層の高いお客様に購入しやすい環境を提供できます。

顧客単価を上げるための施策

ネットショップで顧客単価を上げるための施策は、主に次の方法があります。

  • *一定金額以上で送料無料やプレゼント進呈
  • *関連商品やお勧め商品を表示する
  • *セット商品を販売する

お客様にとって、ネットショップで商品を購入する際に発生する「送料」は気になる点です。ある一定金額を購入すると送料が無料になる施策は現実的で有効です。また、関連商品やお勧め商品の表示はネットショップを活かした施策でもあります。

そのほか経営で売上を伸ばす方法

そのほかの経営で売上を伸ばす方法を、以下の3つの事業で解説します。

駐車場

駐車場経営で売上を伸ばす方法は、主に次の方法があります。

  • *駐車場の売上は立地や道路付けに左右される
  • *駐車しやすいレイアウトになっているか

駐車場の売上は立地や、道路付けにより左右されます。また、車の停めやすさも大切です。1台の駐車スペースが狭かったり、停めにくかったりすると、利用されなくなるので、駐車場を経営する時には、停めやすいレイアウトにすることがポイントです。

自動販売機

自動販売機で売上を伸ばす方法は、主に次の方法があります。

  • *人気メーカーや利用者に好まれそうな商品を販売する
  • *人通りの多い道やアパートの近くに設置する

自販機を設置する際、どこのメーカーのものを販売するかが重要なポイントです。どのメーカーを選ぶかは、売上にも影響します。人気メーカーを選ぶ方法もありますし、設置した場所はどのような人達が多く通るのかなどをリサーチし、その人たちに好まれるような飲料水を基準に選ぶ方法もあります。

コインロッカー

コインロッカーで売上を伸ばす方法は、主に次の方法があります。

  • *設置場所を周知する
  • *月極利用客を獲得する

コインロッカーの利用客は使用したいときに、初めて最寄りのコインロッカーを探すことが多いため、設置場所を周知することが重要なポイントになります。そのために、コインロッカーに特化した検索サイトもあります。また、月極で利用してもらう方法もあります。月極利用客を獲得することにより、安定した売上を確保できます。

まとめ

単品通販(D2C)の売上の算出方法は(売上=客数×顧客単価)です。
売上を伸ばす基本は、客数を増やし、顧客単価を上げることです。
具体的に単品通販(D2C)の売上を伸ばすためには、3つの対策があります。
「客数」を増やし「リピート率」を上げ「顧客単価」を上げることです。
客数を増やすためには、新規顧客を開拓することが必要です。同時に既存顧客が減少しないように対策することも大切です。既存顧客が離れない取り組みを行い、リピート率を上げることは、売上を伸ばすために重要です。

さらに、顧客単価を上げることは売上を伸ばすことに直結します。3つの対策のうち、どれかだけを行うのではなくすべてを向上せることで、効果が期待できます。