お問い合わせ

単品通販(D2C)のネットショップ経営で成功する人・失敗する人の違いは目的意識と学びの習慣

ネットショップの経営は、運やまぐれで成功できるものではありません。テレビなどで話題になり、人気ショップへの道を駆け上がったネットショップも、実際には急な注文に対応できるような体制や状況の変化に即応して大量の注文をさばけるよう準備を整えています。ネットショップ経営で成功する人と失敗する人の違いを知って、儲かるネットショップ経営を始めましょう。
今回は、ネットショップの経営に成功している人の共通点や経営に失敗する人のよくある失敗事例、ネットショップ経営を始めるメリットなどをご紹介します。

ネットショップの経営で成功する人・失敗する人の違いは目的意識と学びの習慣

成功する単品通販(D2C)のネットショップ経営5つの共通点はSEO対策やターゲットの明確化など

ネットショップ経営に成功している人の共通点は、以下の5つです。

  • 1.SEO対策が施されている
  • 2.ターゲットが明確である
  • 3.信頼性のあるサイトになっている
  • 4.販売の仕組みが出来上がっている
  • 5.経営者の情報収集力が長けている

SEO対策が施されている

成功している単品通販(D2C)のネットショップは、サイトのSEO対策(検索エンジン最適化)が充実しています。たとえば、「ブランド名 衣類」と検索したときに検索エンジンで上位に表示されると、サイトを訪れる見込み客の数が多いため、その分売上につながりやすいです。誰の目にもとまらないサイトだと、デザインや動線がよくても売上は伸びません。

ターゲットが明確である

成功する単品通販(D2C)のネットショップの多くは、サイトのコンセプトや狙っている客層を絞り込んでいます。扱う商品も統一しているため、雑然とした印象がなく、そのジャンルの商品を欲しい人へ効果的にアピールしているのがポイントです。

信頼性のあるサイトになっている

単品通販(D2C)のネットショッピングでは詐欺を警戒している人も少なくありません。お客様からの信頼を得るため、事務所の住所や代表者の名前、連絡先にプライバシーポリシー、保証などを記載しています。

販売の仕組みが出来上がっている

商品を注文してから発送までの手順がスムーズだと、リピーターを確保しやすいです。よい評価やレビューをつけてもらうとショップの信頼感も底上げできるため、ネットショップの成功には販売の仕組み化が必要です。

経営者の情報収集力が長けている

成功する経営者は、フットワークが軽く学習意欲も高いです。市場の需要や流行は常に変わるため、普段から積極的に販売ノウハウや市場動向、新しい技術やライバルショップに関する情報収集を欠かさず行いましょう。

集客不足に不利益商品!単品通販(D2C)のネットショップ経営での失敗事例5選

ここでは、集客不足や利益の出ない商品の販売など、単品通販(D2C)のネットショップ経営でのよくある失敗事例を紹介します。

サイトへの集客がうまくいかない

「よいものを販売すれば売れる」という考えは失敗のもとです。

  • SEO対策ができていない
  • 商品紹介ページの写真や文章のクオリティーが低い
  • ブログ・SNSを使ったショップの宣伝をしていない
  • ネット広告を打っていない

など、集客に失敗している単品通販(D2C)のネットショップは売上が伸びません。

お客様対応がスムーズにできない

「受注確認メールから商品の発送まで数日かかる」
「問い合わせメールへの回答が遅い」

など、サービスの品質が高い日本ではちょっとした遅れも単品通販(D2C)のネットショップの低評価につながります

利益の出ない商品を販売している

仕入れ値の高い商品、需要のない商品は売上につながりません。定番商品や流行の商品など、ニーズのある商品を単品通販(D2C)にするのがネットショップ経営戦略の基本です。

在庫を大量に抱えている

需要を読み間違えたり、将来売れたときに備えて大量に在庫を仕入れたりすると、売れ残った場合に赤字が出ます。不良在庫は場所を取るだけなので、在庫を増やすのは一定以上の売上を確保してからにしましょう。

経営ノウハウの知識がない

経理や広告にかける予算の分配、外注の利用に仕入れる商品の見極めなど、単品通販(D2C)のネットショップ経営を成功させるためには経営ノウハウも必要です。普段から経営について積極的に学びましょう。

単品通販(D2C)のネットショップ経営を始める3つのメリットは低コストで全国に24時間営業できること

単品通販(D2C)のネットショップ経営を選ぶメリットは、

  • 1.低予算で開業できる
  • 2.24時間営業できる
  • 3.全国を対象エリアにできる

の3つです。

低予算で開業できる

単品通販(D2C)のネットショップは、実店舗を持つ場合と比べて人件費やテナントの賃貸費用などがかかりません。初期投資でサイトのデザインや仕組みを作ってしまえば、維持費と仕入れ、広告にかける費用だけで営業を続けられるため、予算をあまりかけられない人におすすめです。また、多くの手続きをネットで完結できて内装工事も不要なので、短期間で開業できます。

24時間営業できる

単品通販(D2C)のネットショップは、維持しておけば24時間365日商品を売り込んでくれる万能の営業マンです。いつでも注文を受けられるため、売上のチャンスを逃す心配もありません。

全国を対象エリアにできる

基本的に、単品通販(D2C)のネットショップは全国エリアに対応しています。場合によっては海外からの注文にも対応できるため、営業範囲の限定される実店舗営業よりも商圏の広さで有利です。

SEO・SNSの利用など!単品通販(D2C)のネットショップ経営を成功させる7つのポイント

SEO対策の徹底やSNSの活用など、単品通販(D2C)のネットショップ経営を成功させるポイントをご紹介します。

SEO対策を徹底する

単品通販(D2C)のネットショップの売上は、サイトのアクセス数次第です。SEO対策を徹底して、まずはアクセス数を伸ばしましょう。代表的な検索エンジンであるGoogleのアルゴリズムの進化により、単純にキーワードを雑多に盛り込んだだけのサイトでは上位表示は狙えません。重要なのは、お客様にとって有意義な情報が十分に掲載されていることです。経営者のセンスの見せ所でもあるので、隅々にまでこだわることを推奨します。

ターゲットのニーズを把握する

ターゲットの欲しいものを販売するのが商売の基本です。お客様目線でニーズのある商品やサービスを取りそろえましょう。単品通販(D2C)のネットショップと実店舗との最たる違いは、お客様と直接顔を見せて接する機会の有無です。そのため、運営者側でターゲット層の明確化や、ニーズの分析には実店舗と異なった手法が必要といえます。実際に成功している他店舗を参考にしてみましょう。

集客にSNSを利用する

SNSを利用してファンを増やせば、その分サイトや商品の認知度を高められます。何らかの原因でバズった(話題になった)ときにうまく宣伝すると、売上も伸ばしやすいです。

お客様が知りたい情報を掲載する

ネットショップは実物を手に取って確認できません。商品ページに、お客様の知りたいサイズ感や注意点、細かい部分の分かる写真などを掲載しましょう。

リピーターを多く取り込む

商品を販売するうえで、リピーターの存在は非常に重要です。「新規のお客様の獲得」と「既存のお客様が再度ショップを利用する」では、後者のほうがコストがかかりません。お得情報を届けるメルマガの発行、購入者限定のクーポンなどを活用して、何度も利用してくれるリピーターの獲得に努めましょう。

ニッチな商品で差別化を図る

他店舗との差別化を図りたい場合は、ニッチな商品も取り入れましょう。単品通販(D2C)のネットショップの強みを活かして、実店舗での購入が難しいものを販売するのも効果的です。

経営ノウハウを学ぶ

単品通販(D2C)のネットショップは誰でも手軽にはじめられるからこそ、収益を上げる経営のノウハウが非常に重要です。自分の直感だけを信じて自由に販売するのではなく、集客数や利益を上げていくために、専門的な知識を深めましょう。経営学の本を読んだり、動画資料を視聴したり、セミナーに参加して単品通販(D2C)のネットショップ経営者の話を聞いたりすることをおすすめします。

まとめ

単品通販(D2C)のネットショップ経営で成功する人は、集客に力を入れており、仮に注文が殺到してもお客様を待たせないような仕組みを構築しています。闇雲によいと思ったものを売り出すだけでは、単品通販(D2C)のネットショップ経営で成功することはできません。SEO対策やSNSを活用した集客術、経営ノウハウなどを学ぶだけでなく、商品紹介ページを作り込んだりニッチな商品を入荷して差別化を図ったりして、ターゲットのニーズに合わせた販売戦略を構築しましょう。単品通販(D2C)のネットショップ経営は、低予算で24時間全国に商品を販売できる優れたビジネスモデルです。準備を整えて、堅実に売上を伸ばしていくことをおすすめします。

関連記事:単品通販(D2C)のビジネスモデルとは|総合通販との違いと3つの定番モデル

関連記事:単品通販(D2C)のネット販売店の開業に絶対必要な資格と許可を商品別で徹底解説

関連記事:単品通販(D2C)の「ECマーケティング」とは?ECサイト運営者が今さら聞けない基礎知識

フォームに必要事項をご記入していただくと、
無料で資料請求が可能です。

必須項目が9項目あります。
残り8項目
ご希望のノウハウ資料 (必須)




会社名 (必須)
【全角】 例)株式会社売れるネット広告社
ご担当者名 (必須) 姓:
名:
【全角】 例)加藤 公一レオ
ふりがな (必須) せい:
めい:
【全角】 例)かとう こういちれお
電話番号 (必須) -
-

【半角数字】 例)092-000-0000
メールアドレス (必須)
【半角英数】 例)info@ureru.co.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

メールアドレス(確認) (必須)

【半角英数】 例)info@ureru.co.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

個人情報の取扱いについて (必須)
(必須)
必須項目を入力してください。