単品通販の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

お問い合わせ

単品通販のEC運営代行を利用するメリット|費用例から選び方まで

IT技術の普及が進むにつれて、日本のEC市場は伸び続けています。商品を販売する際には、実店舗だけでなくECサイトの導入を検討することが大切です。
ECサイトにおいて、特に大きな利益を獲得できる可能性を秘めているのが単品通販です。EC運営代行を利用すれば、短期間で簡単に単品通販を始められます。
しかし、EC運営代行には数多くの業者があるため、EC運営代行の失敗しない選び方を事前に知っておくことが大切です。
今回は、EC運営代行業者を利用する際のサービス内容やメリットについて紹介します。

単品通販のECサイトと一般的な通販のECサイトの違い

ECサイトとは、商品やサービスをインターネット上で販売するショッピングサイトのことです。インターネットの利用者が増加するにつれて、ECサイトの市場規模は拡大しています。

ECサイトは、主にモール型サイトと自社のECサイトの2種類に分けられます。モール型のサイトでは、販売業者が出品者としてアカウント登録して商品を販売し、自社のECサイトでは、販売業者自身がサーバーにショッピングサイトを構築します。

さらに、自社のECサイトは単品通販と一般的な通販の2種類に分けられます。それぞれ集客方法やシステムが異なるため、利用する際には違いについてよく理解しておくことが必要です。

一般的な通販のECサイトは、衣料品を販売するアパレル企業や、家電製品を販売する家電量販店、家具を販売するインテリア企業など、1つのECサイトでさまざまな商品を販売します。

一方で、単品通販のECサイトは、1つの商品もしくはサービスを、1つのネットショップで販売する形態のことです。ECサイト自体を1つの商品向けに特化させることができるため、商品のアピールがしやすくなることが特徴です。

単品通販のEC運営代行を利用するメリット

単品通販においては、事業展開のスピードの速さが重要となります。商品の継続購入と新規顧客の拡大を図るため、データを分析してPDCAを素早く回していくことがポイントです。

したがって、単品通販においては自社でECサイトを構築するよりも、EC運営代行サービスを利用することをおすすめします。EC運営代行を利用することのメリットは、大きく3つ挙げられます。

  • EC運営代行の専門知識が必要な業務を任せることができる
  • 自社の業務負担を減らし生産性を上げることができる
  • ニーズに合った単品通販のECサイトの構成や集客ができる

この3つのメリットについて、詳しい内容を解説します。

EC運営代行の専門知識が必要な業務を任せることができる

単品通販の商品販売では、マーケティングが重要視されます。知識の有無によって、販売個数や利益に大きく差が出るため、ECサイトの構築やリピーターの確保、新規顧客の開拓には専門的な知識が必要です。

EC運営代行業者は、さまざまな市場のECサイト構築を手掛けているため、商品を売るノウハウを蓄積しています。ECサイトの運営に必要な業務を代行業者に任せることで、マーケティングの知識がなくても、単品通販に効果的なECサイトを構築することができます

自社の業務負担を減らし生産性を上げることができる

ECサイトの運営はスピード感が大切です。短期間で商品展開して、他社が模倣しないうちに利益を確保する必要があるため、自社の限られたリソースを有効活用することがポイントです。

例えば、ECサイトの構築やマーケティングは代行業者に任せて、自社のリソースを商品販売に集中させる方法が考えられます。専門性が必要な分野を業務委託することで、商品の生産性が上がると言えるでしょう。

ニーズに合った単品通販のECサイトの構成や集客ができる

単品通販は、1つの商品に特化したECサイト作りが重要です。販売実績に繋げていくためには、商品のニーズを把握して見込客を集めることが必要です。

EC運営代行業者のコンサルティングサービスを利用することで、商品販売のアドバイスが受けられます。マーケティングの知識やノウハウを持つ業者を選ぶことで、大きな成果を挙げられる可能性が高くなるでしょう。

【費用別】単品通販におけるEC運営代行業者の特徴

インターネット上には、多くのEC運営代行業者があります。それぞれ、初期費用や月額費用が異なるため、利用する際には各社の違いについて把握しておくことが重要です。

EC運営代行業者選びで大切な項目は、料金だけではありません。業務を委託した業者によって、ECサイトの利益が大きく変わる可能性があります。それぞれの特徴を見極めて、自社の商品に合ったEC運営代行業者を選ばなければなりません。

EC運営代行業者の主な特徴は、月額料金によって分別できます。月額料金別に、その特徴と利用する際の注意点を解説します。

月額1万円以下で依頼できる代行業者

自社のECサイトの運営規模が小さい場合は、月額料金が低いEC運営代行業者がおすすめです。EC運営代行業者の中には、月額が1万円以下で依頼できる業者があります。運営コストを最小限に抑えて、単品通販が始められます。

ただし、月額料金が安い分、標準プランで利用できる機能の数は少ないです。別途料金を払うことで、サーバーの保存容量拡張やメール配信、商品の予約注文やカタログ注文など、さまざまなオプション機能を使えるサービスも存在しますので、自社のECサイトの運営の規模に応じて機能をカスタマイズしていくのがよいでしょう。

単品通販を始めたばかりで、月額料金を抑えたい方におすすめです。

月額1~3万円で依頼できる代行業者

一般的なEC運営代行業者の月額利用料金は1~3万円程度です。月額1万円以下のEC運営代行業者と比較して、より魅力的な機能が見受けられます。

例えば、カートシステムのカスタマイズに関しては、あらかじめ用意されているサービス以外の機能の追加について相談ができる業者が存在します。また、オリジナルデザインの採用に関しても対応しやすくなることが特徴です。

ただし、単品通販に適した商品専用のランディングページを作成する機能がない場合が多く、機能面で物足りなさを感じることもあります。

月額3~10万円で依頼できる代行業者

月額3~10万円のEC運営代行業者は、やや高めの価格帯です。料金が高くなる分、利用できる機能の数が多くなり、カスタマイズ性に優れています。

ECサイトの運営においては、構築したいECサイトのヒアリングから始まり、現状分析や改善策についてコンサルティングしてくれるサービスも存在し、オプション機能も豊富なため、外部サービスと連携することでマーケティングに強い効果が期待できるでしょう。

ただし、商品分野に特化したECサイトを構築する分、自社の商品と方向性が合っていることが重要です。方向性が違う場合には、高額な料金に見合う効果が出ない場合もあります。

月額10万円以上で依頼できる代行業者

利用料金が月額10万円を超えるEC運営代行業者は、高額な価格帯と言えます。料金が高額である分、利用できる機能の数が多くなり、さらに良質な運営を代行してもらうことが可能です。

ECコンサルティングにおいても、広告のプランニングからマーケティング、CRMの領域まで、専門のコンサルタントがアドバイスしてくれるサービスが存在します。また、商品の販売において多数のカテゴリで販売実績を持つため、広く知られていない商品であっても良いアドバイスを受けられる可能性が高いです。

他の業者よりもEC運営代行サービスを活用した際の効果が強く出るため、運営規模が大きなEC事業者や、競争が激しい分野へ参入する方におすすめします。

【単品通販】EC運営代行の依頼先の選び方

EC運営代行を利用するにあたり、運用業務について自社で行う作業とEC運営代行業者へ依頼する作業をはっきりと分類することが大切です。また、EC運営代行を依頼する際には特に気を付けておくべき点があります。

〇単品通販の基本的な業務

  • ECサイト制作
  • 販促活動
  • 商品注文処理
  • 商品梱包発送業務
  • 売上経理処理
  • 在庫管理
  • お客様へのアフターフォロー
  • お問い合わせ対応

〇EC運営代行を依頼する際の注意点

  • EC運営代行における実績が多くあるかどうか
  • 依頼したい業務に対応しているか
  • 依頼費用は月額固定型か成果報酬型か

上記の項目について、EC運営代行の依頼先の選び方を詳しく解説します。

EC運営代行における実績が多くあるかどうか

EC運営代行業者に業務を依頼するにあたり、EC運営代行において、さまざまなECサイトを運営してきた実績があるかどうかを確認しておくことが重要です。大手店舗運営システムのパートナー企業認定や受賞歴などは、確認しておくべき項目と言えます。

また、EC運営代行業者の対応実績を見て、実際に手掛けた事例も確認しておきましょう。自社で制作したいECサイトと業者が制作したECサイトのイメージが合致していることが大切です。

依頼したい業務に対応しているか

ECサイトの運営においては、さまざまなスキルが必要です。例えば、商品の値段を決める市場調査やECサイトのデザイン構築、商品説明のコピーライティング、検索エンジンで上位表示させるためのSEO対策などが挙げられます。

先述したスキルのうち、自社の知識が不足している業務については、EC運営代行業者へ依頼することがおすすめです。EC運営代行業者の対応業務を調べ、自社が依頼したい業務と一致していることを確認しておくことが必要です。

依頼費用は月額固定型か成果報酬型か

多くのEC運営代行業者の料金は月額固定型です。ただし大手企業の中には、成果報酬型のEC運営代行サービスを提供する業者もあります。多数の販売業者を集めることで、料金回収のリスクを軽減しています。

商品販売に継続的な費用をかけられない場合には、成果報酬型のEC運営代行業者を選ぶことで初期費用を抑えられます。しかし、費用を抑えた分、商品がヒットして大きな売り上げがあった際には、手数料が高くなる可能性も多いです。

まとめ

EC運営には、ECサイトの制作から販売情報分析まで多くのリソースを必要とします。特に単品通販は1つの商品に特化するため、利益を得やすい仕組みを理解しておくことが重要です。

また、EC運営代行業者に運用支援してもらうことで、効率よくマーケティング知識を学ぶことが可能です。EC運営代行業者の料金は、サービス内容によって大きく異なるため、自社商品のジャンルに強い代行業者を選び、事業の成功確率を高めることが大切です。

EC運営代行業者とともにニーズに合った集客を行い、自社商品の売り上げを伸ばして長期的に愛される単品通販を目指しましょう。