単品通販の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

お問い合わせ

単品通販を始める5つのメリット|強みを生かした2つの成功戦略

単品通販とは主に「特定の商品を販売する形の通販」を指します。商品の種類は完全に1つとは限らず、同一ブランドの商品、もしくは特定の商品に付随する商品が販売されている場合も単品通販と呼ばれます。

今回は、単品通販で自社のオリジナル商品を販売するメリットや強み、運営における注意点について詳しくご紹介します。また、単品通販の強みを生かした効果的な戦略についても説明しているため、単品通販の運営を検討している方はぜひ参考にしてください。

単品通販を始める5つのメリット

特定の商品・ブランドに特化して販売できる単品通販は、幅広いジャンルの商品を販売する総合通販にはないメリットが多数あります。

まずは、単品通販での運営が注目されている理由とも言える5つのメリットをご紹介します。

メリット①:1つの商品に注力してアピールできる

単品通販では特定の商品・ブランドのみを取り扱うため、商品の特性や魅力について、より深く掘り下げた情報をユーザーに伝えることができます。

多くの商品を幅広く売り出している総合通販では、カタログ形式のECサイトで展開していることから、一つひとつの商品の特徴や魅力、開発秘話といった詳しい情報を掲載することが難しく、「情報量」で言うとネットマーケティングにおいては不利となってしまいます。

特定の商品・ブランドに注力してアピールできる単品通販であれば、商品ごとに独立した専用ランディングページで、ユーザーが本当に求める「特定の商品・ブランドに対するさまざまな情報」の紹介にしっかりリソースを集中させてアピールできるため、商品の申込みに繋がる可能性が高まります。

メリット②:新規参入しやすい

総合通販は基本的にジャンルが幅広く、取り扱う商品も数多くあるため、多額の初期費用・初期投資が必要です。さらに、商品の数に合わせて人件費や広告費を増やすことも必須です。また、総合通販の市場はすでに大きくなっており、競合に勝つためには相応のコストをかけなければなりません。

一方で、単品通販は総合通販よりも全体的にハードルが下がっている市場と言えます。基本的に単品通販は特定の商品・ブランドに特化して運営するため、生産や開発における初期コストはもちろん、商品管理や販促にかけるコストも大幅に抑えることが可能です。

さらに商品の開発から顧客情報の管理まで、比較的シンプルかつスムーズに進めることができるというメリットもあります。

メリット③:価格競争が起こりにくい

総合通販は多くの種類の商品を取り扱うことが多く、他ブランドの商品を仕入れて販売する必要があります。他ブランドの商品は他の代理店でも販売されており、お店により販売価格は異なるため、「安い・高い」の価格競争が起こりやすいです。

一方、単品通販は基本的に自社のオリジナル商品を販売するため、お店ごとに販売価格が異なることによる価格競争が起こりにくくなります。

自社のオリジナル商品を他商品の販売価格に影響されず売り出せることが、単品通販の最大のメリットと言えるでしょう。

メリット④:利益率が高くなりやすい

総合通販は自社のオリジナル商品のみならず、他会社の商品も取り扱うため、すべて自社の利益となるわけではありません。さらに、価格競争が起こりやすいことから、時には販売価格を下げる必要もあります。

一方で、特定の商品・ブランドに特化している単品通販は、大量生産を行うことも可能で、生産コストを抑えられます。

さらに価格競争も起こりにくいことから、総合通販に比べて値下げや割引を行う必要が少なく、自社のオリジナル商品であるためすべて自社の利益となります。
そのため、結果的に単品通販は「利益率が高くなりやすい」と言われています。

メリット⑤:在庫管理がしやすい

総合通販では、商品の仕入れだけでなく在庫管理も負担がかかってしまいます。
しかし、単品通販は商品を特定して販売作業を行うため販売数が把握しやすく、在庫管理が簡略化できるという特徴を持っています。

在庫管理も簡単な作業ではありません。在庫数や販売数の把握が簡単に行えるという点は、初めて単品通販を運営する方にとって大きなメリットとなるのではないでしょうか。

単品通販を始めるデメリットや注意点はある?

単品通販の運営は決してメリットだけではありません。もちろん、デメリットも存在します。

単品通販は「単品リピート通販」とも呼ばれており、顧客が継続的に商品を購入してくれることが前提のビジネスモデルです。しかし、リピート率アップは決して簡単なことではありません。

まず自社のオリジナル商品を取り扱う場合は、魅力的な商品を開発しなければならないため、商品開発から徹底して力を入れなければなりません。

また魅力的な商品を開発したとしても、商品の存在を認知してもらわなければ売上につながりません。
商品の認知度を広めて売上を最大化するためには、

マーケティングを行うことが一般的ですが、運用広告やランディングページの制作において費用が必要という点もデメリットと言えるでしょう。

最近では低価格でランディングページを制作することも可能となっていますが、集客に効果的なランディングページを制作したいのであれば、それなりの制作費用をかけなければならない場合もあります。
信頼できる制作会社を見つけることも、容易ではないことを覚えておきましょう。

単品通販を始める際は、これらのデメリットや注意点もしっかり理解した上で、それぞれに適した対策を行う必要があります。

単品通販の強みを生かした成功戦略

前述の通り、単品通販はリピート率が重要となるビジネスモデルですが、リピーターを増やすために、まずは新規顧客を集めなければなりません。
その上で、継続して購入してもらうため、常に離反顧客の対策を行うことが重要です。

ここからは、単品通販の強みを生かした「新規顧客の集客」と「離反顧客の対策」の戦略をご紹介します。

新規顧客の集客

 

自社の商品を知ってもらうためには、「実際に使用してもらうこと」が何よりの近道です。
そのため、「購入してみようかな」と思わせられるような“きっかけ”を作りましょう。

成功する単品通販の運営者は、まず初めに商品の無料サンプルもしくは低価格のモニターを募集し、見込み客を効率良く集めています。

そして、モニターになってくれた見込み客には、商品を使い切るタイミング・初回申込時間に合わせてフォローメールを送信しましょう。

・自社商品の魅力
・オススメの使い方や保存方法
・よく聞かれる質問集
・無料サンプルやモニター以外の商品のセールス

リピーターを集めるためには、このようにお客様とコミュニケーションをきちんと取ることが重要です。

リピーターを獲得するための施策

初回限定のお得な料金割引やキャンペーンなどを行っている単品通販がほとんどであるため、新規購入は比較的難しいものではありません。

しかし、初回購入から2回目の購入に引上がるお客様は半数以下とも言われています。そのため、リピート購入につなげるための工夫が必要です。

さらに2回目の初回リピート購入に至った場合でも、期間とともに数%のお客様が離反する可能性もあります。なるべく定期購入のお客様の解約を阻止するためには、以下のような対応を講じる必要があります。

・ 割引などの特典が付いた定期コースを提供する
・ お得な会員ランク制度を導入する
・ 誕生日割引など、購入者限定の特典を用意する
・ 商品(消耗品)を使用し終えるタイミングで、次月の継続購入をフォローメールで促す
・ 定期的にお客様にフォローメールを送信し、購入してくれたことへの感謝を伝える
・ 定期的にお客様にフォローメールを送信し、商品やサービス改善につながるアンケートを実施する

上記の他にも、商品が届いたタイミングで「使用方法などについて不安な点がないか」などをフォローメール等を活用して確認することも大切です。

お客様の解約を防ぎ、何度も購入いただくリピーターとなっていただくために、単品通販は基本的にお客様とのコミュニケーションは必須と言えます。お客様が商品やサービスに対して何を求めているのかアンケートを取ったり、お得感が味わえるプレゼントキャンペーンなどを行うことで、「お客様が本当に求めているもの」を見つけることができるでしょう。

単品通販を運営している方の中で、お客様ときちんとコミュニケーションが取れているという方は意外と多くありません。そんな単品通販運営だからこそ、一人ひとりのお客様を大事にすることが成功へと繋がります。

まと

単品通販はさまざまなビジネスモデルの中でも特定の商品・ブランドにこだわって販売することにより、利益を得られる可能性が高いという特徴を持っています。
新規参入もしやすいことから、初めて単品通販を運営する方や、個人でビジネスを始めてみたいという方におすすめです。

今回の記事でご紹介した内容を参考にして、メリットとデメリットをしっかりとおさえ、ぜひ売上を最大化できる単品通販を運営してください。