単品通販の費用対効果を

上げ続ける最強のノウハウとは

お問い合わせ

単品通販でSNS拡散(クチコミ)率を上げて友達紹介を促す方法とは?

どの単品通販会社も広告費を使わずに、自社の商品をfacebook、twitter、LINE、InstagramなどのSNSで拡散(クチコミ)させ広めていきたいと思っています。そして、商品ページやランディングページに「いいね!ボタン」や「ツイートボタン」を設置し、お客様がそこからSNS拡散(クチコミ)してくれるのではないかという淡い希望を抱き続けていますが、残念ながらその方法ではうまくいきません。
今回は、単品通販でSNS拡散(クチコミ)率をアップさせ、友達紹介の輪を広げる方法についてお伝えします。

お客様は単品通販の商品情報なんかSNS拡散したくない!

どの単品通販会社も広告費を使わずに、自社の商品をfacebook、twitter、LINE、InstagramなどのSNSで拡散(クチコミ)させ広めていきたいと思っています。そして、商品ページやランディングページに「いいね!ボタン」や「ツイートボタン」を設置し、お客様がそこからSNS拡散(クチコミ)してくれるのではないかという淡い希望を抱き続けています。

実際に多くの単品通販会社が自社の商品ページやランディングページに「いいね!ボタン」や「ツイートボタン」を設置していたりしますが、ほとんどSNS拡散(クチコミ)されないのが現実です。たとえ何人かSNS拡散(クチコミ)したとしても、それはきっと社内の人間か、広告代理店の担当者か、制作会社か身内だけだと考えた方が良いでしょう。

ニュース情報だったり、エンタメ情報だったり、画期的な商品だったりするとSNS拡散(クチコミ)は起こりますが、たかが単品通販の商品、しかも自ら申込んでいない良くわからない商品をお客様は自分のSNSに投稿しようとはしません。SNS拡散(クチコミ)しないのです。ランディングページに「いいね!ボタン」や「ツイートボタン」を設置しても意味がないのです。

ランディングページをSNS拡散(クチコミ)させるポイントは、お客様が自分のメディアの読者に伝えたいと思う“タイミング”で、簡単に“お得な情報”、“役立つ情報”を提供できるようにすることです。

お客様がSNS拡散(クチコミ)したくなるタイミングとは?

あなた自身が普段、リアルな世界で友達に何か商品をオススメするタイミングを思い出してみてください。商品を申込みする前よりも、商品を申込んだ後の方が人にお勧めしたくなるのではないでしょうか?

特に女性は商品を申込んだ自分を肯定したいという気持ちがあります。自分が申込んだその商品に対して、誰かに「いいね!」と言ってもらいたいのです。
なので、SNS拡散(クチコミ)率を上げるには、商品の申込みが完了したタイミングで「友達に紹介しませんか?」とお客様に提案することが重要です。

単品通販でSNS拡散(クチコミ)率を上げたかったら“申込完了画面”を有効活用すること!

それでは、ランディングページではなく、どこでクチコミを狙えば良いかというと、一番効果的なタイミングはお客様が申込みをした後、つまりは「申込完了画面」です。

一般的に世の中の通販のランディングページでは、申込完了画面はサンクスページでしかなく、結局「ありがとうございました」ということしか伝えておらず、そのページは1円もお金を生んでいません。

だから、このお金を生んでいない申込完了画面を有効活用して、友達紹介を提案すると、劇的にSNS拡散(クチコミ)率が上がるのです! “申込完了画面”では単純に「ありがとうございました」とお礼をいうだけで終わるのではなく、ここの“確認画面”で友達紹介を狙うようにしましょう。

例えば、「ありがとうございました。あなたのお友達にも無料モニターのことをお知らせしませんか?」と友達に勧めること、紹介することを提案するのです! そして、その下に「メールからお知らせする」「SNSで拡散する」「ブログで紹介する」などそれぞれのお客様が使っているメディアに合わせて紹介ルートを選ばせるのです。

そこにサンクスページへスクリプトを埋め込んだアイコンを設置することで、各アイコンを押すと、“簡単に” “ワンクリックで”メールやSNS上に指定した文章とURLをクチコミすることができ、劇的にSNS拡散(クチコミ)率がアップします。

当然ながら紹介された側の友達が申込みをすれば、そのランディングページの完了画面にもまた友達紹介の提案が入るので、その友達がまた紹介をすれば、どんどん友達紹介の連鎖が起きていきます! 言い方が悪いですが、まるで“ねずみ講”のように半永久的にSNS拡散(クチコミ)していくのです!

しかも計測用のURLを設定しておけば、そこからの広がりの効果測定も可能です。

 

さいごに

繰り返しますが、申込完了画面で友達紹介をお願いすることで、ランディングページはどんどんSNS拡散(クチコミ)され、友達紹介率がアップしていきます。

ただし、最後にひとつ注意事項として、この戦術とあまり相性の良くない商材があることも伝えておきます。それは、ネガティブ系の商材すなわち“コンプレックス系の商材”です。

例えば「育毛剤」を申込んだ場合だと、あまり自分でそれをSNS上に載せたくないでしょうし、例えばメールで「育毛剤」や「ニキビ」の紹介をされた友達はあまり気分が良くないはずなので気を付けましょう。

単品通販で抜群のSNS拡散(クチコミ)効果を生み出すテクニックなので、是非実施してさらなる全体的な効率アップに繋げてください。