お問い合わせ

通販(D2C)事業を始めるなら…単品通販(D2C)が儲かる!? 知っておくべき3つのポイント

単品通販(D2C)とは?大手メーカー企業が参入している理由など、単品通販(D2C)の基本的な考え方や知っておくべきポイントについてお届けします。

単品通販(D2C)をネット広告で展開するためのノウハウについて調べようとすると、世の中にはあらゆるサイトや記事、書籍があります。例えば、特定のネット広告の市場動向、次世代マーケティング、次世代テクノロジーや、最近ではTwitterマーケティングやFacebookマーケティング、コンテンツマーケティングなどいろいろありますが、それらの内容も似たり寄ったりの内容となっています。“売れる”ための実践的ノウハウを手に入れることは難しく、初めて通販(D2C)事業をスタートする方にとっては非常に分かりにくい内容ばかりです。

『単品リピート通販広告研究所』では、初めて単品通販(D2C)事業をスタートする方、担当者となった方にも分かりやすく、明日から実践可能なノウハウについてお伝えしていきます。

今回のコラムでは、単品通販(D2C)とは何なのか、大手メーカー企業が参入している理由など、単品通販(D2C)の基本的な考え方や知っておくべきポイントについてお届けします。

単品通販(D2C)ってなに?

単品通販(D2C)とは、お客様に何度もリピートして買っていただけるような商品で通販(D2C)を展開することを意味しています。一般的には“その商品単一”で使用されることを想定しており、例えば、お客様に“毎日”服用いただくようなサプリメントなどの健康食品、女性が“毎日”使用するような美容オイルなどの化粧品が該当します。

単品通販(D2C)の対義語として使われるのが総合通販(D2C)です。総合通販(D2C)で代表的なものとしては家電製品や書籍、アパレル、家具などがあります。基本的には1回限りの購入でリピート性がないもの、同じモノを繰り返し買わないような商品を指しており、“売り切り型の商品”と呼ばれることもあります。通販(D2C)事業を始めるときには、その商品にリピート性があるのかどうか、つまりは単品通販(D2C)なのか、総合通販(D2C)なのかを分かっておく必要があるでしょう。

そして、実は通販(D2C)事業を新たに始めるにあたっては、総合通販(D2C)よりも単品通販(D2C)の方が儲かりやすいという側面があります。なぜなら、リピート性のない商品をたくさん用意していろんな商品を同時に展開する“売り切り型の商品”よりも、たった一つの商品でお客様に何度も買っていただくようなリピート性の向上を見据えた戦略の方がローリスクですし、自社の商品力に自信があればあるほど、売上規模が既に大きい大手メーカー企業に対抗できる可能性があるからです。

従って、どんな商品を売るのか、商品選定に迷っているのであれば、単品通販(D2C)を選択することをオススメします。

なぜ大手メーカー企業は単品通販(D2C)を選んでいるの?

実は今、この単品通販(D2C)は大手メーカー企業にとって非常にトレンドとなっていて、あらゆる企業がこの領域に参画しています。単品通販(D2C)を展開する誰もが社名を知っている代表的な企業としては、サントリーウェルネスやFANCL、DHC、エーザイ、ロート製薬、味の素などがあります。

そして、このトレンドは大手メーカー企業に限りません。中小企業、スタートアップ企業でも単品通販(D2C)に参画する企業は年々増加しています。理由としては、リピート性のある商品の方が長期的に見て広告の投資に対する回収、つまりは費用対効果が良いとされているからです。

総合通販(D2C)、単品通販(D2C)を問わず、ネット広告で通販(D2C)事業を展開する場合、最初は必ず赤字から始まります。お客様が購入するための申込みサイトを作るためのクリエイティブ制作費用や、商品を宣伝するためのネット広告費など、初期投資として投下する必要がありますが、いかに早く黒字転換するかといった損益分岐点のシミュレーションも重要となります。

“おもてなし”の心が反映されている日本の単品通販(D2C)は世界一!

お客様と継続的に関係性を築きながら何度も商品を買っていただくための“おもてなし”の心がベースとなっている日本の単品通販(D2C)は、世界のネット通販(D2C)にも対抗できる世界一のノウハウを持っていると言われています。

アメリカを始め、海外のネット通販(D2C)では“売り切り型”が主流です。お客様との信頼関係を継続的に築いていく文化がまだまだ浅いので、お客様満足度の点では改善の余地があります。そうした海外のネット通販(D2C)に比べ、日本のネット通販(D2C)では日本人特有の“おもてなし”の心が非常に重要視され、何度も商品を買ってくれる固定客、つまりはリピーターを非常に大事にしてきた側面があります。

相手の顔が見えず、相手の反応に合わせて対応を変えることが難しいネット通販(D2C)だからこそ、お客様にとって分かりやすい申込方法に配慮すること、定期購入(サブスク)をずっと継続いただけるような関係性を構築しながら“おもてなし”の心を尽くすネット通販(D2C)を展開するにはどのようにすべきかを考えることが、通販(D2C)事業を始める方にとって一番重要な視点かもしれません。

さいごに

今回は、単品通販(D2C)とは何かについて、まずは押さえておくべきことをお届けしました。実際にどのようなクリエイティブを用意すればいいのか、ネット広告を打つためのメディア設計などについては随時ノウハウをご提供していきますので、次回更新もお楽しみに!

フォームに必要事項をご記入していただくと、
無料で資料請求が可能です。

必須項目が9項目あります。
残り8項目
ご希望のノウハウ資料 (必須)




会社名 (必須)
【全角】 例)株式会社売れるネット広告社
ご担当者名 (必須) 姓:
名:
【全角】 例)加藤 公一レオ
ふりがな (必須) せい:
めい:
【全角】 例)かとう こういちれお
電話番号 (必須) -
-

【半角数字】 例)092-000-0000
メールアドレス (必須)
【半角英数】 例)info@ureru.co.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

メールアドレス(確認) (必須)

【半角英数】 例)info@ureru.co.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

個人情報の取扱いについて (必須)
(必須)
必須項目を入力してください。