お問い合わせ

広告代理店上位10社の「GAFA+」への依存度は 71%と判明(売れるネット広告社調べ)

2020年11月25日

広告代理店上位10社における「GAFA+」への依存度を推計しました。
その結果、インターネット広告出稿額の71%を「GAFA+」に依存していることが判明、大手プラットフォームに頼っている実態が明らかとなりました。
2019年の日本のインターネット広告媒体費は1兆6,630億円、その内の79.8%は運用型広告が占めていることを加味すると、国内のインターネット広告は「GAFA+」による寡占状態であると言えます。

「売れる広告(ダイレクト広告)」と 「イメージ広告(ブランディング広告)」の出稿額推移を算出!2025年には約7割が「売れる広告(ダイレクト広告)」に

2020年11月25日

「売れる広告(ダイレクト広告)」と「イメージ広告(ブランディング広告)」の広告出稿額推移の算出と未来予測を行いました。

本調査では、「売れる広告(ダイレクト広告)」を消費者からの購買・申込みなどのレスポンスを直接獲得する広告、
「イメージ広告(ブランディング広告)」をレスポンスを獲得しない広告と定義したうえで、2025年までの国内広告出稿額を予測しております。